女性にこっそり聞いてみた! 結婚してもいいと思える男性の最低年収は?

写真拡大

恋愛には必要なかった相手の年収も、結婚となるといやが応でも女性は厳しいまなざしで精査しなくてはならないですよね。そこで今回はこの程度あれば結婚してもいいと思える男性の最低年収を聞いてみました。

Q.あなたが、結婚してもいいと思える男性の最低年収はどれくらいですか?

●第1位/「400万円くらい」……34.2%
○第2位/「500万円くらい」……28.8%
●第3位/「300万円くらい」……26.1%
○第4位/「600万円くらい」……6.3%
●第5位/「1,000万円以上」……1.8%
○第6位/「200万円以下」……0.9%
●第6位/「700万円くらい」……0.9%
○第6位/「800万円くらい」……0.9%
※四捨五入の関係でちょうど100%にならないことがあります。

■第1位/「400万円くらい」

・「共働きしなくても、そこそこな暮らしができる年収だと思う」(31歳/ソフトフェア/事務系専門職)

・「2人で生活するには余裕をもってそのくらいは必要。(自分も働く前提で)」(25歳/金融・証券/営業職)

・「このくらいなら自分が一時的に収入が減ってもやっていけそう」(29歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「生活して子どもを養っていける金額だと思う」(26歳/学校・教育関連/事務系専門職)

「400万円くらい」と答えた女性の多くは、結婚しても仕事は続けることが前提なので、恐らく妊娠やほかの理由で一時的に仕事を長期休むことになっても、生活がひどく困窮する心配のない金額だからとの意見でした。

■第2位「500万円くらい」

・「そのくらいないと生活に余裕がない」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「低すぎると子どもを産むのが無理そう」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「将来の貯蓄や急な出費なども考えたら、そのくらいは最低あったほうがいいと思う。自分も働くというスタイルが理想なので、そのくらいあればお小遣い制にする必要もなく仲よくやれそう」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「日本の平均世帯年収らしいから」(27歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

回答にもあるように、日本の平均世帯年収とのこともあり、貯蓄をしたり、突然の出費や出産などにも安心して対応できる上にちょっとした旅行なども行ける金額のようです。

■第3位/「300万円くらい」

・「一緒に働けばなんとか暮らせそう」(23歳/不動産/事務系専門職)

・「自分と同じくらいの年収がないと、男性に嫉妬されそう」(28歳/学校・教育関連/専門職)

・「自分と同じ、もしくは少し上くらいで十分幸せです」(28歳/食品・飲料/技術職)

自分の年収と同じくらいであれば、特に問題はないと答える女性たちもやはり、結婚しても仕事を続けることが前提で、生活ができるレベルとのことです。相手に経済的に頼るという考えがないので、やりくりも上手にこなし、貯蓄分もしっかり管理できそうです。

■第4位/「600万円くらい」

・「自分がもし働かなくてもそこそこ苦労せずやっていける額なので」(32歳/その他/クリエイティブ職)

・「自分よりは倍は稼いでほしい」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「自分より多いほうがいい」(30歳/学校・教育関連/専門職)

「600万円くらい」との回答で多かったのは、「自分よりも稼いでほしい」という理由からでした。女性は結婚したらいずれは出産するという考えがあるので、少しでも多いほうが安心できる、といった心に余裕を持たせるための保険的な金額なのかもしれません。

相手に求めるギリギリの最低年収ということで、実用的な計画を立てるきっかけになったのではないでしょうか。年収も多いに超したことはないのかもしれませんが、精神的な安定や心の余裕をもつ生活のためには、必ずしも高収入でなくても結婚できるということなのかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年2月にWebアンケート。有効回答数172件(22歳〜34歳の働く女性)