父と叔父の声援を受けC・シガンダは優勝を狙う(Photo by Scott Halleran/Getty Images)

写真拡大

<HSBC女子チャンピオンズ 2日目◇6日◇セントーサGC ザ・セラポンC(6,600ヤード・パー72)>
野村敏京も上位をキープ!2日目のリーダーボードはこちら
 43位タイでスタートしたカルロタ・シガンダ(スペイン)は、この日6アンダーの“66”で回り、キャリア2度目のトップタイで2日目を終えた。最後に彼女がトップに立ったのは、2014年の「CMEグループ・ツアー選手権」で、第2ラウンド終了時点でトップタイだったが、最終日にリディア・コ(ニュージーランド)とのプレーオフに敗れている。
 ツアー初勝利を狙うシガンダは、自分にプレッシャーをかけずに週末を迎える。優勝への意気込みをたずねるとこう答えた。
 「そうね、準備万端だと思う。やっとここまで来たわ。去年、LPGAとLET(欧州女子ツアー)でいいプレーをした。自信があるし、嬉しい気持ちね。ベストを尽くすわ。勝てても勝てなくても、これからも学びながらプレーを続けるわよ」
 そんなシガンダは今週、父親のジーザスと一緒にシンガポールで過ごしており、父のポジティブな態度が、ここまで彼女をトップに押し上げる要因のようだ。シガンダはこの日、マスコミに対応するときに得意げな父と一緒だった。
 「私の人生にとって父は本当に良い影響を与えてくれている。父が来るとポジティブで、私がいいゴルフをしていると、コースで楽しむように私に言ってくれるの。それは大事な事ね」と、シガンダは父親の存在の大切さを語った。シガンダの通訳を通して、父のジーザスは娘を見るときは緊張しないと自慢げに語った。
 「父は私とツアーを回りながら大会で私にくっついてくれるから。だから慣れているのよ。父はスポーツが大好きで勝ちも負けもわかっているのよ」
 初勝利を待ち望みながら、シガンダは勝つ準備ができると感じている。
 「自信もあるし、いい球を打てていることに満足しているの。キャディにも満足しているし、父も叔父も友達もここにいる。コースの外でも素晴らしい時間を過ごしているのよ。そういうのもコース外で楽しむ意味では大切なことだと思う」
※USLPGA公式サイトより提供
<ゴルフ情報ALBA.Net>