写真提供:マイナビニュース

写真拡大

グッドスマイルカンパニーは、電子の妖精「初音ミク」とドイツの最高級ぬいぐるみブランド「シュタイフ」のコラボレーション商品『シュタイフ×初音ミク』を、"39(ミク)の日"にちなんで、限定1,500体の予約受付を3月9日よりスタートする。価格は36,111円(税別)。

シュタイフ社(Margarete Steiff GmbH)は、1880年にドイツで誕生した世界最古のぬいぐるみの総合メーカー。1902年に初めてテディベアを発明し、テディベアを語る上で欠かすことのできない歴史的なトップブランドとして知られている。ドイツの職人の手作業で一体ごと丁寧に作られるぬいぐるみの左耳には、最高品質の証としてトレードマークのボタンとタグ「ボタン・イン・イヤー」が付けられている。

「ワンダーフェスティバル2015[冬]」でも初展示され、話題となっていた『シュタイフ×初音ミク』は、初音ミクをイメージしてフリルのついた襟とネクタイ、肩には「01」の刺繍をあしらったぬいぐるみ。足裏には初音ミクの名前「Miku」とシルエットがデザインされている。もちろん手作業で1体1体丁寧に作られ、色合いのふわふわのモヘヤは触り心地抜群だという。全高は約270mm。

商品価格は36,111円(税別)。予約方法はオンライン受付が「GOODSMILE ONLINE SHOP」で3月9日12:00〜4月8日21:00。そして「シュタイフ ネイチャーワールド」と「シュタイフ青山」の2店舗では、同日より各店舗39体の予約受付を実施する。

(c) Crypton Future Media, INC. www.piapro.net