山梨大学 STAP細胞の論文不正問題を受け若山照彦氏に処分を発表

ざっくり言うと

  • STAP細胞の論文不正問題で山梨大は6日、若山照彦氏への処分を発表した
  • 発生工学研究センター長としての職務を3か月間停止する処分を決めた
  • 不正行為は認定されていないが、社会に重大な影響を及ぼしたと判断された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング