<ダイキンオーキッドレディス 初日◇6日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,529ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」の初日。2人のアマチュア選手が好スタートを切った。
アマチュア2人のプレーも「スコア詳細速報」でチェック!
 まず1人目は2年連続でベストアマに輝いている新垣比奈。「パットが良かった」と4バーディ・2ボギーの“70”をマークし首位と2打差の2アンダー8位タイにつけた。今年も「ベストアマ」を目指したいと笑顔で抱負を話していた。
 新垣はツアーにもたびたび出場しておりご存知の方も多いと思うが、好位置につけたもう1人が中学2年生の14歳、新城莉李亜(あらしろ・りりあ)。1月末に行われた「ダイキンオーキッドレディスアマチュア選手権」で優勝しこの大会の出場権を獲得。身長169センチの恵まれた体格から放たれるドライバーショットは本人曰く「一番飛んで255ヤード」。この日は雨の中、豪快なドライバーショットとキレのあるアイアンショットでツアー初出場ながら、1アンダー14位タイでフィニッシュした。
 3歳から祖父の知念敏光さんの手ほどきでゴルフを開始。知念さんはあの宮里聖志、優作、藍を育てた宮里優氏に師事しており「優先生の教えを私なりにアレンジして、莉李亜の個性を伸ばすように指導してきた」という。それが近年実を結び、新垣も一目置く実力者となった。
 緊張のあまり今朝は「吐きました。朝ごはんも食べれなかった」と繊細な部分も持つ新城。「予選通過とかも考えていない。とにかく楽しく回ること」がこの試合での目標だという。将来は「プロゴルファーか保育士になりたい」、まだ完全にプロになる道は考えておらず、小さい子供が大好きなのでその道も頭に入れてあるそうだ。
 スイングは若いだけあってまだ荒削りな印象だが、飛距離と球の高さは大きな魅力。海外ではパワーゴルフが全盛、将来が楽しみな新鋭がまた登場した。
<ゴルフ情報ALBA.Net>