森田理香子、勝負曲のおかげ?1打差の2位に!(撮影:福田文平)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 初日◇6日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,529ヤード ・パー72)>
 
 やはり彼女の爆発力は国内女子ツアーの魅力だ。森田理香子は悪天候の影響でボギー発進も天気が回復するやいなや2つ取り返し、さらに終盤の17番、18番で連続バーディ。3アンダーの2位タイと前日会見の「ファンを喜ばせるプレーを見せたい」との言葉通り、絶好のスタートを切った。

 沖縄に入ってから「今まで抱えたことのないような感覚の不安を持っている」精神状態だった森田。「ティアップで震えるような緊張ではなく“このままで大丈夫なのか…”というような緊張感」でモヤモヤした解決しえない不安を抱え開幕を迎えた。
 オフはアメリカで技術的な進化を試み、ショートアイアンでのフェースの使い方やアプローチを磨いた。「まだまだやれてないし、アプローチはマシになったなという程度」と見据えた目標に到達できないことが不安感の原因だという。
 アメリカでの合宿を思い出し、プラス思考になるためにしていることは「(向こうで)車の移動中に40日間毎日ラジオから流れていたので、嫌でも覚えてしまった」ONE DIRECTION(ワンダイレクション)の曲を聞くこと。イギリス人の5人組ユニットでデビューアルバムが全米チャートで1位を獲得するなど地球規模の人気を見せている人気アーティストだ。
「朝起きて聞いたり、ストレッチのとき聞いたり」していることで、自信が湧いてくるのだとか。リラックス効果抜群の勝負曲が森田を優勝争いに導いてくれるか!? 

<ゴルフ情報ALBA.Net>