マツコ・デラックス

写真拡大

5日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)でマツコ・デラックスが、NMB48との結婚願望を語る大島雅斗を、一蹴する場面があった。

大島は、元・日本ハムのプロ野球選手、大島康徳氏の息子。「NMB48と結婚したい」という理由で吉本興業の養成所であるNSCに通い、お笑い芸人を目指している。借金までしてNMB48のCDを12万円分、購入したことがあるのだとか。

この日の番組で大島は、康徳氏と面会し、NMB48のファンであることを告げた。借金が50万円となっていることも報告し、その上で芸人の道へ進みたい旨を訴えた。

康徳氏は「許さん」と一刀両断。借金をしてはいけないという約束を破られただけに、激怒しているようだ。しかし、アイドルオタクであることに多少の理解はあるようで、AKB48の話題になると場の空気は少し和らいだ。

マツコは「ちゃんと身の丈に合った応援の仕方をしろよって言ってんのよ」と助言するが、大島は、CD購入枚数を抑えると買い物をした気にならないと説明し、反発した。

また大島は、マツコからの「自分でお金稼げるようになってから、そういうことしようっていうふうには切り替えられないんだ?」という問いかけには、「稼ぎに見合ったときはプライベートで会ったりとか」と豪語。どうやらアイドルと交遊関係を築けている未来を描いているようだ。

その後も大島は憮然とした態度で、NMB48のファンはやめられないと主張。握手会への思いを語り「もうメンバーには(自分の名前)覚えられてるんすけどね」とコメントした。

するとマツコは「(アイドルは)名前を覚えてることに何の感情もないわよ」とバッサリ。スタジオから、大島が“太客”(太っ腹な客の意)だという声があがると、「太くもないわよこの程度じゃ、もっと太い客いっぱいいるわよ」と斬り捨てた。

【関連記事】
マツコ・デラックスが出演者の“仕込み”を暴く「プロの臭いがする」
マツコ・デラックスが“リベンジ転職”について持論を語る「我慢した先にやるべきことがあるかもしれない」
マツコ・デラックスが“親離れ”できない若者に苦言「嫌悪感を持たなきゃ」