4日のアルガルベ杯(ポルトガル)初戦で、ワールドカップイヤーの初陣となる日本は、デンマークを相手に、1−2で敗れた。この1敗は今一度自らを省みるべき、手痛い1敗となった。

 ベストメンバーを揃えた初戦。GKの山根恵里奈(ジェフ市原・千葉レディース)以外は2011年ドイツワールドカップ、2012年ロンドンオリンピック経験者。言うなれば、なでしこジャパンの代名詞とも言える面々だ。デンマークは佐々木則夫監督就任以降、4戦負けなしと分のいい相手。組織力もあり、個も立つデンマークはまさにワールドカップ初戦の対戦相手・スイスを連想させるチームだ。選手たちは、勝って勢いをつけたいのはもとより、手の内すべてをさらけ出し、今の自分たちの力を試そうとしていた。意図が反映された勝利を誰もが信じていた。

 番狂わせは開始直後に訪れた。2分、ゴール前に攻め込まれた日本。いきなりS・トロルスゴールにシュートを許す。岩清水梓(日テレ・ベレーザ)がラインぎりぎりでかき出したかに見えたが判定はゴール。描いてきたイメージを表現する前に、まさかの失点であっという間にビハインドゲームに塗り替えられてしまった。

 10分、宮間あや(湯郷ベル)が右サイドの安藤梢(1.FFCフランクフルト)の走り込みを見越してタテの深い位置へスルーパスを配球。惜しくも収めることはできなかったが、初めてバイタルエリアで相手に脅威を感じさせる攻撃だった。

 17分、今度は日本がゴールを引き寄せる。宮間からの展開で左サイドの川澄奈穂美(INAC神戸レオネッサ)が中にマイナスのボールを切り返す。合わせた大儀見優季(VfLヴォルフスブルク)のシュートは惜しくもポストに嫌われるものの、そこにツメていたのは安藤。しっかりと決めて試合を振り出しに戻した。本来であれば、この段階で流れを掴むのがなでしこジャパンだが、この試合は違った。

 後半に入り、安藤に代わって投入された永里亜紗乃(1. FFCトゥルビーネ・ポツダム)は右サイドで積極的な仕掛けを見せるなど、キレのあるプレイを見せてはいたものの、決定機を生むまでには至らず。そうこうしているうちに、追加点を挙げたのはデンマークだった。

 熊谷紗季(オリンピック・リヨン)にしては珍しいコントロールミスを見過ごさなかったS・トロルスゴールがかっさらい、逆サイドへ展開すると、ラスムセンがダイレクトボレーでゴール。勝ち越しを許してしまった。結果的にはこれが決勝点となり、日本は大事な初戦を1−2で落とすことになった。

 終始速い展開で勝負に出た日本。指揮官は守備において「そこで失っちゃダメだろってところで失うことが2、3回あって、それが相手のチャンスになってしまった。悪い癖」と、反省点を述べた。

 攻撃においては「一度起点ができたところから、パスのタイミングや、シュートに行く1個前のところでのミスがある。どこにコントロールするか、どのタイミングで持ち出していけばシュートまで行けるのか。個の部分をあげていかないと」と修正点を挙げた。

 一様に暗い表情の選手たちを見れば、この敗戦のショックがどれほど大きいか見て取れる。試合前には「全力を出し切らないと出てくる課題にも意味がない」と口にしていた選手たち。随所に新たな試みを入れ込もうとする苦悩を感じ取ることはできた。

 しかし明確に形になったものは、セットプレイで見せたニアサイドに当てて折り返させるというものと、正面裏をバックヘッドで狙ったもの。セットプレイ時に盛り込む他なかった。それでも、必死に何かを仕掛け、結果と収穫を得ようとする姿勢は最後まで貫いていた。目についたパスミスは多くがそのトライから来ているもの。リスクも承知の上ではあったが、ワールドカップを想定した初戦であったことを考えれば、どんな形であれ、最低でも同点にする力が必要だった。

 終始"速い展開"をした=イニシアティブを握っていた、と言い切ることが、この試合において正解ではない。もちろん、「速い展開で点を獲る」のはなでしこの十八番である。

 しかし、この試合に関して言えば、「速い展開にせざるを得なかった」と見え、そこ以外に突破口を見いだせなかったのではないだろうか。

 実際、後半に入っても大きく崩れることがなかったデンマークに対し、"速い展開"のギアをどんどん上げていった日本は、その速さに自らズレていく皮肉な結果を引き起こしてしまった。世界レベルにおいて、日本は常にギリギリの戦いを強いられる。相手との間合いをツメるタイミング、背後のパスへの食らいつき方、勝敗を握っているのは攻守において、限界のタイミングをどれだけ引き上げられるかだ。特に前半のオフサイドはここにトライした結果である。

 後半に入っては、"速い展開"の限界を引き上げながら勝負するしか、活路を見いだせなかった。深刻なのは、その仕掛けに振り落されていったのがデンマークよりも味方の選手の方が早かったということだ。

 デンマークの実力も確かな向上を見せていた。中盤のコンパクトさにも隙がなかったし、ハイプレッシャーも効果的。そしてカウンターはものの見事に日本の守備陣を引き裂いた。けれど、デンマークはW杯カナダ大会の出場権を手にしていない。つまりは、ヨーロッパの精鋭たちはそれ以上にレベルアップしているということだ。この試合は日本と今後対戦する国々に多くのヒントを与えることになり、敗戦は決して楽観できるものではないのである。

 ただ、3年間それぞれに個を磨いてきたこのメンバーで"強化"を図ったのは昨年のカナダ遠征初戦の1戦のみ。今回も全員が揃ったのは開幕直前のことだ。最大の敗因要素をなったズレが生じることも当然と言えば当然のこと。結果を出しながら課題を得て、自分たちの現在地を知ることがこの初戦のテーマであったならば、このふたつだけは手にしたことになる。

「教訓になったのではなくて、(教訓に)しなければならない。今でよかった......」と熊谷が表情なく声にすれば、「悔しさを表現しろと言われても言葉にならない。でもどん底から這い上がるのが自分たちだから......」と宮間も言葉を絞り出した。

 気持ちの切り替えも戦いのひとつ。中1日で迎えるポルトガル戦はターンオーバーを公言している佐々木監督。ベンチを温めていた選手にとっては大きなチャンスとなる。

 ここからいかにして立て直すのか、なでしこジャパンの進化を見ることができるか――チームとしての奮起に期待する。

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko