現役時代はフランス・リーグで二度の得点王に輝くなど名手として知られたハリルホジッチ氏。フランスでは指導者としても辣腕を振るった。(C) AFLO/Reuters

写真拡大 (全2枚)

 3月5日に、日本代表の新監督に内定したヴァヒド・ハリルホジッチ氏。同12日のJFA理事会の承認を経て、正式契約が交わされることになるこの人物は、選手、監督としていかなるキャリアを築いてきたのだろうか。
 
 現役時代から指導者として今日に至るまでの経歴を振り返る。
 
――◆――◆――
 
●プロフィール
ヴァヒド・ハリルホジッチ
[生年月日]1952年10月15日(62歳)
[国籍(出身地)]ボスニア・ヘルツェゴビナ(ヤブラニツァ)
 
[選手歴]
1968-71 トゥルビナ・ヤブラニツァ(ユーゴスラビア)
 71-81 ヴェレジュ・モスタル(ユーゴスラビア)
・ユーゴスラビアカップ優勝(81年)
 81-86 ナント(フランス)
・フランス・リーグ得点王(82-83、84-85)
 
●選手時代
 
 現役時代はFWとして活躍し、ナント時代にはフランス・リーグで二度も得点王に輝いた。ユーゴスラビア代表の一員として1976年の欧州選手権(4位)、82年のスペイン・ワールドカップ(グループステージ敗退)に出場した実績もある。引退後は指導者となる。元日本代表監督のオシム氏とも親交が深い。
 
[監督歴]
1990-92 ヴェレジュ・モスタル(ユーゴスラビア)
 93-94 ボーベ(フランス)
 97-98 ラジャ・カサブランカ(モロッコ)
     ・モロッコ・リーグ優勝(97年、98年)、アフリカ・チャンピオンズリーグ優勝(97年)
 98-02 リール(フランス)
 02-03 レンヌ(フランス)
 03-05 パリSG(フランス)
     ・フランス・カップ優勝(04年)
 05-06 トラブゾンスポル(トルコ)
 06   アル・イテハド(サウジアラビア)
 08-10 コートジボワール代表
 10-11 ディナモ・ザグレブ(クロアチア)
     ・クロアチア・リーグ優勝(11年)
 11-14 アルジェリア代表
     ・ブラジル・ワールドカップ16強進出(14年)
 14   トラブゾンスポル(トルコ)
 
●リール時代(98-02年)
 
シーズン Div. 順位 戦績
98-99  2部 4位 19勝7分12敗
99-00  2部 1位 25勝8分5敗
00-01  1部 3位 16勝11分7敗
01-02  1部 5位 15勝11分8敗
 
 就任3年目には、昇格1年目にしてトップリーグを席巻。堅実なカウンタサッカーで3位に導き、チャンピオンズ・リーグ(以下CL)の出場権を獲得すると、01年のフランス・リーグ年間最優秀監督に輝いた。続く01-02シーズンのCL予備選ではパルマを撃破するなど、当時は相手の特長を消す戦術で評価を高めていた。
 
●パリ・サンジェルマン時代(03-05年)
 
シーズン Div. 順位 戦績
03-04  1部 2位 22勝10分6敗
04-05  1部 9位 12勝15分11敗
 
 就任1年目で、守備を再建。規律を植え付け、フィールドプレーヤー10人が連動するプレッシングサッカーで名門復活を印象付けた。しかし、翌04-05シーズンはその規律を重んじるスタンスが選手の反感を買い、開幕から7戦勝ち星なしといきなり躓く。関係を修復できないまま途中解任となり、厳格な性格が裏目に出てしまった。
●コートジボワール代表時代(08-10年)
 
アフリカネーションズカップ2010 ベスト8
ラウンド   対戦相手    スコア
GS第1戦  ブルキナファソ △0-0
GS第2戦  ガーナ      〇3-1
GS第3戦  トーゴ       中止※1
準々決勝 アルジェリア    ●2-3
※1=トーゴの出場停止により中止
 
 08年5月にコートジボワール代表監督に就任すると、同6月に始まったワールドカップのアフリカ予選を12戦無敗で突破した。ドログバ、トゥーレ兄弟、ゾコラをセンターラインに置く4-3-3システムを機能させ、2010年1月のアフリカネーションズカップでは優勝を期待されたが、準々決勝でアルジェリアに敗戦。その責任を取らされる形で解任された。
 
●アルジェリア代表時代(11-14年)
 
2014年ブラジル・ワールドカップ ベスト16
ラウンド    対戦相手   スコア
GS第1戦   ベルギー   ●1-2
GS第2戦   韓国      〇4-2
GS第3戦   ロシア     △1-1
決勝T1回戦  ドイツ     ●1-2
 
 アルジェリア伝統のテクニカルなパスサッカーにショートカウンターというエッセンスを注入し、状況に応じた戦い方ができる集団に鍛え上げた。ワールドカップの韓国戦では攻撃陣の、続くロシア戦では守備陣の奮闘が光ったのも“戦術的柔軟性”があったからだろう。ドイツ戦でも選手を上手く鼓舞し、大会屈指の好勝負を演出した。