6日放送の「あさイチ」(NHK総合)で、司会を務めるV6の井ノ原快彦が、涙する有働由美子アナウンサーとゲストの小池栄子に黙ってハンカチを渡す「神対応」を見せた。

番組冒頭、3人は直前に放送された同局の連続テレビ小説「マッサン」を見ていたようで、ハナ役で出演している小池は「行かせたくないなあ、姉としてつらい…」とコメント。その日の放送では、ハナの弟・一馬の出兵シーンが描かれていた。

有働アナも神妙な面持ちで、スタジオはしんみりとした空気に。小池が「いやですね…こんなふうに(ドラマを見て)つられて…」と鼻声で続けると、井ノ原はすかさず2枚のハンカチを取り出し、ふたりに差し出した。

この対応に有働アナは、「今日、ふたつ持ってたの?」と驚きつつも、こらえきれずハンカチで目頭を抑えた。また小池も井ノ原のフォローに「素敵…」と微笑み、同様にハンカチを当てた。有働アナは、前日の同番組でも「マッサン」を見て涙をこらえるようすを見せていた。

井ノ原が「『万歳!』なんて、本当は言いたくないですよね」とドラマの内容に触れると、有働アナは鼻をすすり「ハナちゃんはあれでしょ? 弟だけど、お母さんみたいに…」などと話を掘り下げた。小池も「姉として、母として、一家の中のハナちゃんだったから」とうなずいた。

井ノ原は「家で観ている感じになってきたね」とスタジオの笑いを誘ったのち、「本日、3月6日金曜日のあさイチです」と決まり文句で仕切り直し、絶妙なフォローで番組を進行していた。

【関連記事】
有働由美子アナウンサーが「マッサン」のストーリーに涙「耐えられなくなる」
V6井ノ原快彦、NHKアナウンサーのサングラス姿での解説に爆笑 「台本が見えづらいんだよ!」
イノッチの丁寧な対応に中谷美紀が感謝の言葉「こちらこそ、殿には大変お世話になりました」