片手持ちでもフィットしやすい形状など、スペックに表れない部分にもこだわり

写真拡大

BLUEDOT(ブルードット、千葉市)は、7型Androidタブレット「BNT-710」を、2015年3月6日に発売。市場想定価格は9980円。

Googleの正式認証取得、「Google Play」でアプリを追加ダウンロードも

「手軽に使える」コンセプトはそのまま、従来モデルより性能をアップさせた普及版タブレット。ディスプレイはマルチタッチ対応7型WSVGA液晶(1024×600ドット)を装備。重量は従来モデルより30グラム軽い約285グラム。指がかりを良くするため、液晶周囲に段差を設け、縁は緩やかに丸まった形状で、片手で持った場合にフィットしやすいという。

OSは「Android 4.4.2」。Google(グーグル)の正式認証を取得しており、各公式アプリがプリインストールされているほか、「Google Play」に対応し、アプリを追加インストールできる。プロセッサーはクアッドコア「ARM Cortex-A7」(1.3GHz)。メモリーは1GB。内蔵ストレージは8GB。最大128GBまで対応のmicroSDカードスロットを装備する。無線通信はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LANをサポート。Bluetooth、GPSは非搭載。

充電時間約3時間で、約4.5時間(Wi-Fiオフ、動画再生、イヤホン使用時)、約3.5時間(Wi-Fiオン、動画再生、イヤホン使用時)。