高速でセキュアなデータ転送が可能な「TransferJet」対応アダプター

写真拡大

東芝は、近接無線転送技術「TransferJet(トランスファージェット)」規格に準拠した、同社によれば業界初というiPhone/iPad向けTransferJetアダプター「TJ-LT00A」を、2015年3月7日に発売する。価格はオープン。

Windows用USBモデル、Android用microUSBモデル新製品も同時発売

「TransferJet」はTransferJetコンソーシアムが規格を策定し、普及促進を進める技術。対応機器同士をかざすことで、画像データなどを高速に低燃費電力で通信できる。通信距離が短いためデータ漏洩の可能性が低く、接続したい機器をあらかじめ登録できるのが特徴。最大実効速度375Mbpsで、1分間のハイビジョン動画コンテンツなら約3秒で転送できるという。

iPhone/iPad/iPodのLightningコネクターに外付けし、「App Store」でiOSアプリをインストールすることで「TransferJet」に対応する。iPhoneなどで撮影した大容量の動画、写真を、ほかの対応機器にかざすだけで高速転送が実現する。対応OSはiOS 7.1および8.1。

Windows対応のUSBモデル「TJ-UA00B」、Android対応microUSBモデル「TJ-MU00B」も同時発売する。転送速度を従来比約1.7倍に高速化し、消費電力は約30%に抑えた。サイズも約30%小型化している。価格はいずれもオープン。