ニッポンの最新便器を体験すべく、外国人がTOTOショールームにやってきた!
訪日外国人が「来日して驚いたこと」に必ず挙げるという日本のトイレ技術。
ウォシュレット、温かい便座、自動開閉する便器のフタなど、その高い技術力が外国人観光客を驚かせているという。

最先端のトイレブランドとして国内のみならず海外でも確固たる地位を築いているTOTO。そのTOTOが今月発売した最新機種「ネオレスト」が凄いらしいというので、実際に外国人3名を引き連れて新宿ショールームを訪問してみた。

今回参加してくれたのは、ショーンさん、ダリアさん、チャックさんの3名。



早速ショールームにご案内。

まず手はじめに自動開閉機能を見せて、それなりのリアクションを期待したのだが・・・

「便器のフタが自動で開くヤツだろ! このぐらいは知ってるぜ!」



ウォシュレットを見せても・・・

「自動でおしりを洗ってくれるヤツは有名だよね。でも実はまだウォシュレットを使ったことないんだ・・・」

アメリカ人のショーンさんからすると「ウォシュレットはキザなヨーロッパ人が使っている」という印象のようです。


さらに、オシャレすぎる操作パネルには…

「ボタンで全部操作できるのは知ってますよ。でもこれはオシャレ! プラズマテレビのリモコンみたい!」


3人とも日本滞在期間がそれなりに長いからか、すでにウォシュレットの基本性能は知っていたようだ。しかし、最新機種「ネオレスト」の実力はこんなものではない。


■温風で室内を暖める「室内暖房」


温かい便座は知っていたようだが、便器本体から温風が出て、冬場の寒いトイレを温かくしてくれる「室内暖房」は知らなかったようだ。しかも、設定した時間に作動する「タイマー室暖」や室温5℃以下になると自動で作動する「冷え込み防止」機能まで搭載。

「Ohh!! トイレがヒーターになるなんて! 」


■暗い室内でも便器の位置をやさしく照らしてくれる「やわらかライト」


夜間トイレに入ったとき、室内の明かりをすべて点灯させなくても、ちょっとした明るさでやさしく便器の位置を照らしてくれる「やわらかライト」。便器に人が近づくと、自動で柔らかい光が点灯。夜中の暗いトイレ室内でも、便器やリモコンの位置がわかって安心だ。

「夜のトイレも怖くない!!」



■少ない水で効率的に洗浄する「トルネード洗浄」


渦を巻くようなトルネード水流が、少ない水を有効に使いながら、しつこい汚れも効率よく洗浄。便器の内面をまんべんなく、しっかりと洗ってくれる。

「WOW!!水が渦を巻きながら流れていくよ!!」



■極めつけは「ノズルの洗浄・除菌」と、「便器の除菌」ができる「きれい除菌水」


「きれい除菌水」は水道水を電気分解して作られる、除菌成分を含む水。薬品や洗剤を使わず、水道水から作られ、時間がたつと水に戻るので、環境にやさしいのが特長。使用後と8時間使用しないときには、「きれい除菌水」のミストを自動で便器内にふきかけ、見えない汚れや菌まで分解・除菌。また、この「きれい除菌水」で、ノズルを洗浄・除菌してくれる。

「ニッポンの便器は、自分で自分のお手入れをするんだって!」


室内暖房、夜間照明、さらにはトイレが自分自身を除菌するという「キレイ除菌水」と、外国人ではなくても驚いてしまうほど進化したニッポンのトイレ技術。

ちなみにこの「ネオレスト」のお値段は約33万4000円〜(税別)。決して安い値段ではないが、この先何年間も毎日使うことを考えると、決して高い買い物ではないはず。自宅で一番くつろげる空間に、ニッポンの最先端技術を導入してみるのもいいかも!?

[PR企画]

■関連リンク
TOTO ネオレスト

※試験方法・条件等についての詳細はTOTOホームページまたはカタログをご覧ください。