5日、韓国メディアによると、韓国人の73.5%が韓国国民であることを誇りに思っていることが分かった。これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。写真はNソウルタワー。

写真拡大

2015年3月5日、韓国・朝鮮日報によると、韓国人の73.5%が韓国国民であることを誇りに思っていることが分かった。

【その他の写真】

調査は朝鮮日報の委託を受け、調査会社メディアリサーチが20歳以上の男女800人を対象に行ったもの。

それによると、韓国国民であることについて、回答者の73.5%が「誇らしい」と回答。一方、「誇らしくない」は26.0%にとどまった。年代別にみると、「誇らしい」と回答したのは60代以上が90.0%と最も多く、50代(78.1%)、20代(72.8%)、40代(66.9%)、30代(57.7%)と続いた。

また、「韓国は大半の他国よりも良い国か」との質問には、回答者の54.0%が「良い」と回答。「良くない」は15.4%で、「どちらでもない」は29.9%だった。

一方、「韓国の国際社会でのポジション」についての質問では、回答者の43.4%が「上位圏(先進国や中・上位圏)」と回答。18.3%が「下位圏(中・下位圏や後進国)」、37.3%が「中進国」と答えた。

これについて、韓国のネットユーザーはさまざまなコメントを寄せている。

「何のジョーク?落ち込んでいる国民を笑わせようとしてくれたの?」
「どこで調査した?知人はみんな『韓国に生まれたことが間違いだった』と言っているけど?」

「20代のときはすべてが輝いて見えるものだ。でも、就職という現実にぶつかった瞬間から、この国を誇らしいと思えなくなる」
「両親の息子であるということは誇らしいが、大韓民国の国民であるということはまったく誇らしくない」

「愛国心を育てたいのはわかるが、この記事は信憑性に欠ける。ファンタジー小説でも見て記事を書いたの?」
「現政府を支持する29%の国民相手に調査したようだ」

「韓国人はみんな、祖国に対する気持ちを『愛憎』と表現する」
「今、韓国を否定する韓国人たちは、英国や米国に生まれても不満を言うだろうね」
「韓国を誇りに思う20代が多いというのは、国にとって良いことだ」(翻訳・編集/堂本)