ブラッシングパワーを段階調整するなど、初心者に配慮した設計

写真拡大

フィリップスエレクトロニクスジャパン(東京都港区)は、音波式電動歯ブラシ「ソニッケアープラークディフェンス HX6291/24」「HX6201/25」を、2015年3月上旬に発売する。価格はオープンだが、市場想定価格は6980円前後(税別)。

物理的ブラッシングと音波水流「ソニックテクノロジー」で歯の隙間、奥歯の歯垢を除去

虫歯や歯周病の原因、歯垢(プラーク)除去に特化した初心者向けモデル。ブラシによる物理的なブラッシングと特許技術「ソニックテクノロジー」により、口内の唾液を活用した「音波水流」を発生させ、毛先の届きにくい歯の隙間や奥歯の歯垢を除去できる。ブラシは歯列にフィットするよう、歯の形に合わせたカッティングデザインを施し、奥歯の裏側など磨きにくいところにも毛先が届き、歯垢除去を効率的に行える。

ボタン1つのシンプル設計。最初の14回までブラッシングパワーを通常より低い設定とし、段階的に振動を強める「イージースタート」機能など、電動歯ブラシの感覚に徐々に慣れられるよう、初心者に適した機能を搭載する。

内蔵充電池による使用可能時間は1日2回、2分間使用した場合で約2週間。カラーは「HX6291/24」がグレー、「HX6201/25」がピンク。