ウェアラブルの小さな画面に、美しいフォントを描くテクノロジー

写真拡大

米国のフォント会社「Monotype」は、スマートウォッチや自動車のダッシュボードなどの小さな画面でも、美しい文字を描き出せるソフトウェア「Spark」を開発した。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 「ウェアラブルの小さな画面に、美しいフォントを描くテクノロジー」の写真・リンク付きの記事はこちら
02

2/4

03

3/4

04

4/4

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01

02

03

04

今年初め、27インチ曲面TVの画面やVRデヴァイスなど、コンシューマー向けのさまざまな目玉商品が発表されたCESの会場の片隅で、フォント会社「Monotype」が、一般には販売されていない新技術「Spark」を発表した。

関連記事:CES 2015、注目のアイテムベスト10

Sparkは、スマートウォッチや自動車のダッシュボードのような非常に小さな画面に、通常のコンピューターと同じくらい直観的で読みやすいフォントを表示するソフトウェアだ。

これまで小さな画面にはビットマップ・フォントが使われてきた。小さなデヴァイスは計算能力も小さいため、文字情報はあらかじめコード化されてからデヴァイスに送られる。

しかし、残念なことにビットマップ・フォントは自身のピクセル情報に縛られるため、画面に合わせて計算して描くタイプのフォントに比べると美しさも足りないし柔軟性にも欠ける。強力な計算能力を備えたコンピューターの大画面で用いられるTimes New RomanやHelveticaとは異なり、拡大縮小すると文字の形が崩れてしまうのだ。

どんなに美しいウェアラブル・デヴァイスをつくっても、画面のフォントがみすぼらしければ台無しだ。Sparkはこの問題を解決する。

Watch_Korean-660x495

「モノのインターネットの時代には、小さなスクリーンを備えたさまざまなデヴァイスがインターネットにつながるようになります。そこにどんなテキストが表示されるかはもはや予想がつきません」とMonotypeのデイヴィッド・グールドは言う。

「普通であれば、フォントが回路上に埋め込まれているデヴァイスは、表示できる文字だけを受け取ればよかったのです。しかしいまでは、あらゆる文字の表示に対応しなければならないのです」

自動車のダッシュボードには日付や時刻、外気温度に加え、音楽の曲名も表示される。もしオンラインでストリーミングしている音楽に合わせてダッシュボードがその表示を変える必要があったら、フォントもそれに対応できなくてはならないのだ。地図においても同じことが言える。通りの名前をあらかじめ揃えておくことなど不可能だ。ありとあらゆる名前がインターネットから送られてくるので、決め打ちなどできない。

関連記事:車載システムの字体は注意力に影響

Monotypeはこうしたことに対応できるソフトウェアをすでに開発していた。看板製品である「iType」は、大型のコンピューターを用いれば素早くフォントの形状を整えることができる。しかし、ある自動車会社から、もっと小さいスクリーン上で同様の表示をしたいと要求されるまで、そんなことは考えても見なかったという。

その要求を受けて、Monotypeの技術陣は新しいソフトウェアを一からつくり直すことにした。タイ語やアラビア語のような、左から右方向のこともあり右から左方向のこともある複雑な文字を格納し、さまざまなサイズを表示できるようにした。そうして小さなスクリーン上に美しいフォントを描き出せるソフトウェア「Spark」が完成した。

Sparkはウェアラブルデヴァイスをつくる中小企業にとっては朗報だ。こうしたメーカーはどこも、上質なユーザー体験を提供できるデヴァイスをつくりたいとは考えているものの、アップルのような優れたデザイン的思考をもってはいないからだ。

例えばApple Watchは、小型スクリーン専用に自社で開発した書体を揃えて売り出すことができるだろう。でもほかの会社はそれを実現するための人材はいない。さらに、小型スクリーン用のインターフェイスを開発しているUIデザイナーたちは、情報を階層構造に整理するために、さまざまなサイズのフォントを使えるようでなければならない。

「テキストは素早く読み取れる必要があります」とグールドは言う。「腕時計型のものにせよ医療用のものにせよ、画面に目を落とすのはほんの一瞬です。テキストの内容を瞬時に理解して、次の行動に移れなければならないのです」

TAG

DesignInternet of ThingsUIWIRED US