「組織選挙に似かよっている」、知事会長選に違和感

【ライブドア・ニュース 14日 東京】 ─  田中康夫・長野県知事は14日午前、麻生渡・福岡県知事と増田寛也・岩手県知事が立候補する全国知事会長選で、候補側からの各知事への「電話攻勢」など活発化する水面下の動きを、「旧来の組織選挙に似かよっている。違和感を感じる」と批判した。
 
 田中知事は、定例会見(ネット放送)で、「『三位一体改革』、『闘う知事会』。お二人同じことを言っている中でどう違うのか、所信表明を言っていただかなければ」と述べ、「具体的に二人の考え方が分からない限りどちらに入れるかは言えない」と自らの態度を保留した。

 一方、増田知事を推薦する浅野史郎・宮城県知事は同日午前、定例会見(ネット放送)で、増田知事がマニフェストを掲げたことを挙げて「そういうことを通じて、(選挙では)判断して決められるべき」と話した。選挙活動については、「(増田氏の)推薦人代表として責任は感じるが、ガリガリ集票行動に走ることはしない」と話した。

 梶原拓・前会長(前岐阜県知事)時代から知事同士の連携を強化してきた全国知事会は、小泉純一郎首相が進める政府主導の三位一体改革に対し、地方の主張を貫く姿勢を取ってきた。今回の会長選は、梶原前会長が掲げてきた「闘う知事会」の継承と、地方交付税改革をめぐる地方6団体の連携強化が焦点となっている。

 選挙は今月17日の全国知事会での無記名投票で行われる。【了】

ライブドア・ニュース 常井健一記者