富士通、企業向けARヘッドセットを発売へ

写真拡大

バルセロナで開催中の「Mobile World Congress」で、富士通はARヘッドセットのワーキングモデルを発表。自動車エンジン修理のデモを行った。

「富士通、企業向けARヘッドセットを発売へ」の写真・リンク付きの記事はこちら

富士通は、3月2日〜5日にバルセロナで開催中の「Mobile World Congress」で、拡張現実(AR)ヘッドセットのワーキングモデルを発表した。実用化した製品が2015年中にも登場するという。

富士通が発表したARヘッドセットは、カメラ、マイク、およびスピーカー2個を搭載。目の前の位置に小さなディスプレイをセットしてARを実現する。富士通は会場で、このヘッドセットを使った自動車エンジン修理のデモを行った。ARヘッドセットが、適切な部品がある場所を示し、さらにその部品を取り付ける位置を指示するというものだ。

このAR技術を使うことで、複雑な作業にかかる時間を短縮し、ミスを削減することが可能だという。また、労働者に指示を出す以外に、作業をすべて記録し、そのデータを雇用主にフィードバックすることもできる。

富士通によると、同社は製品版を2015年第3四半期中に、欧州、日本、米国で発売する予定だ。費用は「家庭用コンピューターと同じくらい」になるという。

このARヘッドセットは、対応するAndroidアプリおよび腕に装着するコントローラーと、Wi-Fi Direct、Miracast、およびBluetoothを使ってつながる。コントローラーには大きめのボタンがあり、汚れた手で作業してもスマートフォンが損傷しないように設計されている。

IMG_0173

富士通によると、ARヘッドセットを使うには、対応するAndroidアプリと組み合わせる必要がある。今後、iOS版やWindows Phone版のアプリも開発されるかもしれないという。

現在の試作機は、QRコードによって状況を把握してARで指示を送る。将来的には、QRコードによる合図なしで物を識別し指示を出すことが技術的に可能になるという。

ARヘッドセットを開発しているのは富士通だけではない。グーグルの「Google Glass」は、現在は開発が中断(日本語版記事)しているが、さまざまな企業において、業務に利用するための技術テストが行われた(日本語版記事)。またソニーもARデヴァイスに取り組んでおり、同社の開発者向けヘッドセット「SmartEyeglass」は、英国では620ポンド(約113,500円)で販売されている(日本語版記事)。

TAG

ARFujitsuGoogle GlassHMDOculus RiftWiredUK