写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪市此花区)に3月6日、映画『怪盗グルー』シリーズの人気キャラクター"ミニオン"が仲間入りし、"ミニオン"をテーマにした新エリア「ミニオン・プラザ」が誕生する。

「ミニオン・プラザ」は、大量発生する不思議なキャラクター"ミニオン"に、オリジナルのストリート・ショーやフード、グッズを通して出会える新エリア。エリアは3月6日にパーク内のサンフランシスコ・エリアに誕生し、ストリート・ショーは3月20日より開催する。

新しいストリート・ショー「ミニオン・フィーバー」では、ミニオンが大好物のバナナを求めて大騒ぎ。ミニオンが繰り広げる予想不能でユーモラスな動きと、いたずら好きなミニオンが引き起こす騒動に、大人も子どもも笑ってはしゃいでスッキリできるショーとなる。そして、映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』で話題になったミニオンが歌う「バナナソング」も楽しめる。

また、「ミニオン・プラザ」内には、ミニオンが大はしゃぎする様子をイメージした専門ショップ「ミニオン・マート」が登場。手を押すと笑い出す「おしゃべりミニオン」や、顔が付け替えられるフィギュアなど、オリジナルグッズが豊富にそろう。

さらに、ミニオンをイメージしたフードも発売。にんまり顔が角煮まんになった「ミニオンまん〜角煮〜」や、ミニオンと一緒に散歩気分が味わえるミニオン型のポップコーンバケツ(3月17日発売開始)などが登場する。ポップコーンバケツは、目玉と手も動く仕組みになっている。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、3月18日にはファミリーエリア「ユニバーサル・ワンダーランド」のリニューアルオープンも控えている。7月31日には、ミニオンが主役の映画『ミニオンズ』が公開を迎える。