ローラ父の判決公判での態度に裁判官や担当弁護士も苦笑い

ざっくり言うと

  • 判決公判で5日、ローラ父は執行猶予4年(求刑懲役2年6月)を言い渡された
  • 一方で午前10時の開廷だったが、ローラ父の遅刻で公判が約30分も遅延
  • また判決の意味を理解できておらず、担当弁護士ですら苦笑いをしていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング