「今年の顔」にも選ばれた剛力(写真は公式HPより)

写真拡大

 2013年の『CM女王』として一躍脚光を浴びた剛力彩芽(22)が、たった1年で窮地に追いやられてしまった。そんな“悲報”を伝えるのは、3月5日発売の『週刊新潮』(新潮社)だ。

 2月26日にビデオリサーチ社が発表したタレント別のCM量によると、2014年のCM女王には剛力と同じくオスカープロモーション所属の上戸彩(29)が返り咲いたものの、剛力はランキング圏外に。ここ最近のドラマや映画もぱっとせず、今後が心配されているという。

所属事務所の“ゴリ押し”にかげり

 2008年にファッション雑誌『Seventeen』(集英社)の専属モデルとして活動を始めた剛力。2011年のドラマ『大切なことはすべて君が教えてくれた』(フジテレビ系)で女優業が本格化し、同年7月には『IS〜男でも女でもない性〜』(テレビ東京系)でドラマ初主演。その他『ミスタードーナツ』『ランチパック』『au』などのCMに立て続けに出演し、『日経トレンディ』では「今年の顔」に選ばれる程の露出っぷりだった。その後も剛力の仕事は途切れず、CMランキング1位の座にまで到達した。

 しかし、2014年頃からその勢いは突如失われる。

武井、福田と違い悪評はないのに…

 1月のドラマ『私の嫌いな探偵』(テレビ朝日系)や7月の『あすなろ三三七拍子』(フジ系)が続けて低視聴率。また映画『黒執事』や『L(ハート)DK』の興行成績も振るわず、歌手活動でもシングル『くやしいけど大事な人』を発売するも、売上を伸ばせなかった。

『週刊新潮』によると、剛力の活躍は所属事務所・オスカーの力が大きかったとされ“ゴリ押し”して仕事を取っていたために、そのメッキが徐々に剥がれつつあると伝えられている。

「オスカーの“ゴリ押し”といえば、剛力と共に武井咲(21)や忽那汐里(22)、福田沙紀(24)などが有名です。しかし関係者間での武井と福田の『悪評』は散々なもの。二人とも自らが事務所社長の“お気に入り”ということを理解しているのか、遅刻やトラブルは日常茶飯事で、『彼女とは二度と仕事をしたくない』とこぼすプロデューサーもいるほどです。福田はすっかり信頼を失ってしまったようで、近頃の露出は先輩女優とのバーター、3〜4番手あたりでのドラマ出演程度になってしまいました」(芸能プロ関係者)

 しかし、剛力は特段、こうした悪評は聞こえてこない。

「現場の悪評はあまり聞いたことがありません。それなのに“ゴリ押し”ばかりがクローズアップされ、仕事激減の窮地に立たれている状況は、少々気の毒に感じますね」(前出・関係者)

 今年4月スタート予定のドラマ『天使と悪魔-未解決事件匿名交渉課-』(テレビ朝日系)での主演が先日発表されたばかりの剛力だが、不名誉な“ゴリ押し女優”の汚名を払拭できるか。

(取材・文/一樹守)