ChromeのGmail用拡張機能「Emotional Labour」は、素っ気ない感じの普通のメールに「!」などを加えて、熱意を感じさせるメールに変身させてくれる。

「「素っ気ないメール」を熱のこもったメールにしてくれる拡張機能」の写真・リンク付きの記事はこちら

電子メールがちょっと冷たい感じ、と誰か言われたことはないだろうか? そんな人のために、ライターで研究者のジョアン・マクニールが、メールを自動編集して熱意を感じさせるものにしてくれる、Chromeの「Gmail」用拡張機能をつくった。

「Emotional Labour」というこの機能は、相手に熱意を伝えたいと思うメールの随所に、適切な言い回しをちりばめてくれる。「まじめな言葉を面白いものに置き換え、ピリオドをエクスクラメーションマーク(!)に書き換え、楽しい前書きを追加する」と、マクニール氏は「Medium」への投稿で説明している。

「わたしがこの拡張機能をつくろうと思い立ったのは、返信定型文を使おうと何度もむなしい努力を重ねた結果、定型文で表せるものがわたしの生活のなかには何もないとわかったからだ」

ここまで読んで、どうも怪しいと思った人もいるかもしれない。そう、その通りだ。「Emotional Labourはいかにも嘘っぽく見える。それが重要なポイントだ」とマクニール氏は言う。

Emotional Labourは、実際には抱いていない感情をメールのなかで表現せざるを得ないときに自分が感じる不協和に対する答えだ、とマクニール氏は説明する。「わたしは、うんざりする、という思いをはっきりと示したかった。たくさん送られてくるメールにそれらしく返信し続けなくてはいけないのはゲンナリするということを」

これは、大切な人へのメールをどうしても忘れてしまう人に、「愛している(I love you)」というメールを送れるようにしてくれる、2014年公開のiOSアプリ「Romantimatic」(日本語版記事)によせた共鳴でもある。

「『ほんとうは別にすごいとは思わないけれど、相手の気分を害したくはないから、すべてがうまく収まるように振る舞っておこう』ということを表す絵文字ができるまでは」これが使えるだろう、とマクニール氏は述べている。「たぶん、少しくらいは使えるはず!!!! 少なくとも、楽しんでもらえると思う!!!!!」と。

Gmail拡張機能のEmotional Labourは、emotional-labor.emailで入手できる。

TAG

ChromeEmailEmotionGmailWiredUK