千葉のA2級・奥平拓也は、選手約1600人の中でも指折りの江戸川巧者である。これは奥平が江戸川以外の全国23場で残した航跡と、江戸川だけの成績を比較すれば明らかになる。

 まず奥平は最近3年間に江戸川以外の23場を554走して1着77本、2着107本を獲った。2連対率33.2%、勝率5.19。今期A2級のボーダー勝率は5.37。これではA2級に届かず、B1級中位の航跡だったことがわかる。

 では、江戸川に限った成績はどうか。計115走して1着38本、2着26本。23場で獲得した1着の約半数を江戸川1場であげ、2連対率55.7%。勝率なんと6.83。A2級はおろかA1級トップクラスの水準にハネ上がるのである。

 こんな数字を残すにはスローから活躍するだけでは難しい。奥平には江戸川でダッシュ一撃を決めたレースが数多くあり、そのほとんどが高配当だった。例えば1月7日、波高10センチの悪条件下、大外から折下寛法らをまくり差したレースは人気の折下が2着、2番人気の鈴木茂正が3着で2万3630円をつけた。

 3月5日【木】〜8日【日】の「江戸川一般戦」は平尾崇典、中辻崇人、古賀繁輝ら腕達者がそろったが、奥平が勇猛果敢に攻めて穴党の期待に応えるだろう。

 なお、奥平の次走地は3月15日〜20日の「唐津一般戦」となっている。

◆ボートレース評論家・水上 周

◆アサヒ芸能3/3発売(3/12号)より