フィアット 500C ミモザ(ボディー:ボサノバホワイト、ソフトトップ:レッド)

写真拡大

FCAジャパンは2015年3月8日、「フィアット 500」の限定車「500C ミモザ」を発売する。

車内で使えるフレグランスリネンスプレーが付属

イタリアで女性へ感謝の意を表す日である3月8日の「フェスタ・デラ・ドンナ(=女性の日)」に、男性が家族や恋人にプレゼントする花「ミモザ」をイメージした車両。「500C」の上級グレード「ツインエア ラウンジ」をベースとし、リアゲートにオリジナルエンブレムを装着した。

ボディーカラーは、ボサノバホワイトとパソドブレレッドの2種類を設定。スイッチひとつで開け閉めできるソフトトップのカラーもそれぞれ、ブラックまたはレッド、ブラックまたはアイボリーから選択できる。

また、ミモザエッセンス入りフレグランスリネンスプレー(250ミリリットル)が付属。ボサノバホワイトには「マグノリア・ラン」、パソドブレレッドには「グリーンフラワー」の香りが用意され、シートやフロアマットに吹きかけることで芳しい気品ある香りを楽しむことができる。

これらの装備を追加しながら、全国メーカー希望小売価格は250万5600円と、500Cのエントリーグレード「1.2ポップ」と同額に設定した(ベースモデルより約25万円安)。販売台数は40台。