ディフェンディングチャンピオンと共に初日、2日目を戦う松山(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<WGC-キャデラック選手権 事前情報◇4日◇トランプナショナルドラール>
 世界ゴルフ選手権シリーズ第2戦「WGC-キャデラック選手権」が、5日(木)から8日(日)までの4日間、フロリダ州にあるトランプナショナルドラールで開催される。
休養明けの松山英樹、エリートフィールドで堂々優勝候補にピックアップ
 初日、2日目の組み合わせが発表され、優勝候補の一角として注目を集めている松山英樹は今季すでに1勝を挙げているジミー・ウォーカー(米国)、ディフェンディングチャンピオンのパトリック・リード(米国)との組み合わせとなった。
 昨年日本ツアー賞金王の小田孔明はブレンドン・トッド(米国)、ゲーリー・スタル(フランス)と同組。藤田寛之はウェブ・シンプソン(米国)、アニルバン・ラヒリ(インド)とのペアリングとなっている。
 その他、世界ランキング1位のローリー・マキロイ(北アイルランド)はバッバ・ワトソン(米国)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)と同組。長女が産まれてから初めてツアーに参戦するアダム・スコット(オーストラリア)はジェイソン・デイ(オーストラリア)、ジム・フューリク(米国)と同組となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>