東京を再発見できる100コース

写真拡大

昭文社(東京都千代田区)は、東京の「山手」と「下町」両エリアの散歩コースを大縮尺の地図で紹介した「東京山手・下町散歩地図」を、2015年3月9日から首都圏を中心とする書店等で発売する。

名所や庭園が多く交通の便も良い東京の散歩コースを収録。従来の散歩ガイドブックとは異なり、メッシュ(網の目)状に分けた地図の上にそれぞれのエリア内のコースを掲載している。周辺の地図を連続して見ることができるため、オリジナルルートを歩く際にも便利だという。100種類の散歩コースは9つのテーマに分けられており、歴史や自然、人気スポットなど様々な角度で楽しめる。

地図の縮尺は全て1万分の1で、細かな道まで見られて街の様子も分かりやすい。さらに店舗情報や見どころ情報などがアイコンや解説コメント付きで紹介されており、コース周辺でも新たな発見が見つけられるという。