快晴の空のもと、チャペルで行なわれた結婚式。親元から巣立っていく幸せそうなわが子の姿を目の当たりにして涙ぐむ妻に、夫は「今日からは下の名前で呼ぶからな」と語りかける。2人だけの人生を再スタートさせた熟年夫婦はショッピングや観劇など、まるで若者のようにデートを楽しむ──。

 これは、昨年夏から流されているみずほ銀行のリバースモーゲージローン「みずほプライムエイジ」という商品のCMだ。

 最近は雑誌や新聞、テレビで取り上げられることが多いから、「リバースモーゲージ」という言葉を一度は聞いたことがあるのではないか。

 高齢者がマイホームを担保にして公的機関や銀行から資金を借り入れ、死亡など契約が終了した時点でマイホームを処分して一括返済するタイプの個人向けローンだ。

 これによって住み慣れたマイホームで暮らしながら老後の資金を調達することができる。融資を一括で受け取ることが可能なケースもあり、それを有料老人ホームの入居一時金などとして活用することもできる。海外では老後にリバースモーゲージを利用する人は多い。

 だが、これだけCMが流されているにもかかわらず、利用者数は伸びていない。各行は契約高などを非公表としているものの、メガバンク関係者は「問い合わせは非常に多いのに契約件数は想定よりかなり低く止まっている」と明かす。

 それには3つの理由が考えられる。

 1つ目は「融資条件が厳しい」というリバースモーゲージの商品性だ。建物を除いて土地だけを担保にするため、マンションや定期借地権付き住宅は対象外とする金融機関が多い。さらに、「土地評価額が2000万円以上」といった条件に適合できず申し込めない人が少なくないという。

 2つ目は、「3つのリスク」だ。

「相談に来たお客様には3つのリスクを説明することになっている。すると、話しているうちに尻込みされる場合が多い」(地銀担当者)

 3つのリスクとはこうだ。まず、長生きして借入金が借入限度額(担保評価額の8割など)を超えたら、それ以上融資が受けられなくなる「長寿リスク」。

 それから地価が下落した場合、借入限度額も下がってしまう「不動産価値変動リスク」。最後に金利が上昇して借りることができる金額が目減りしてしまう「金利変動リスク」である。

 いずれも契約前に月々の受け取る(融資される)金額を計画的に考えれば恐ろしいものではないが、銀行員からリスクを説明されると二の足を踏んでしまう人は多いという。

 リバースモーゲージの利用者が少ない3つ目の理由にして最も大きいと考えられるのは、やはり「思い出のある家」を手放すのにためらいがあるということだ。高齢者からはこんな声が聞こえてくる。

「銀行に行ってリバースモーゲージを検討したが、妻と苦労を重ねて建てたマイホームなので、やはり子供に守ってもらいたいと考えて、進めていた話を白紙に戻した」(70代男性)

 ファイナンシャル・プランナーの紀平正幸氏はこういう。

「老後資金への不安からリバースモーゲージを活用したいという相談は多く受けます。ですが、やはり家を子供に残したいと思い直してやめてしまう人が多い。

 また、利用する際は法定相続人である子供の承諾が必要な金融機関が多く、なかには子供の反対で契約に至らなかったケースもありました」

※週刊ポスト2015年3月13日号