群馬大病院の連続死 ずさんな管理体制が影響した可能性

ざっくり言うと

  • 群馬大病院第二外科で腹腔鏡の肝臓手術を受けた8人が死亡した問題
  • 病院長が連続死の事実を把握したのは2014年6月になってからだった
  • 病院全体の安全管理体制にも不備があったと筆者は指摘している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング