「BATKIRA EXHIBITION IN TOKYO」(画像はすべて公式サイトより)

写真拡大

大友克洋さんのマンガ『AKIRA』を、マット・グレイニングさんによるアメリカのコメディアニメ『ザ・シンプソンズ』の設定に置き換えて作品を再現するプロジェクト「BARTKIRA(バーキラ)」。

【AKIRAをシンプソンズで再現! 斬新な企画「バーキラ」が日本上陸の画像・動画をすべて見る】

500人以上のアーティストが参加する本プロジェクトから、6人のアーティストの原画を展示する「BATKIRA EXHIBITION IN TOKYO」が、東京・阿佐ヶ谷のギャラリー白線にて開催される。会期は3月7日(土)から3月21日(土)まで。

世界的な人気を誇る日米の作品を融合


画像は公式サイトより



『AKIRA』と『ザ・シンプソンズ』は、ともに1980年代を代表し、ポップカルチャーに多大な影響を与えた作品だ。今もなお、ともに世界中の人々に愛されている作品でもある。

「BARTKIRA」は、両作品の世界観を様々なアーティストが織り交ぜる、オンライン上のマッシュアッププロジェクトだ。

画像は公式サイトより



『AKIRA』の主人公・金田正太郎を『ザ・シンプソンズ』のバート・シンプソンが演じるなど、それぞれのキャラクターが『AKIRA』の世界に潜り込んでいく。『AKIRA』の舞台であるネオ東京も、シンプソン一家の住むスプリングフィールドに置き換えられている。

「BARTKIRA」の展覧会は、これまでにポートランドやバージニア、ロンドンなどで開催されてきたが、今回が初の日本上陸となる。

※一部表記に誤りがございましたので、お詫びして訂正いたします