南極で実施。「孤立した人間」の命を救う心理実験

写真拡大

欧州宇宙機関(ESA)は南極基地で、人間の孤立への対応力に関する実験を行う。マイナス84.6度にまで下がり、9カ月におよぶ冬の間は、何があっても撤退や補給はできない基地で実験が行われる。

「南極で実施。「孤立した人間」の命を救う心理実験」の写真・リンク付きの記事はこちら

欧州宇宙機関(ESA)は南極基地において、長期間にわたる極度の孤立状態に対する人間の対応力に関する実験を行う計画だ。今後の火星への有人ミッションに向けた準備が進むかもしれない。

この実験には、フランスとイタリアが共同で運営するコンコルディア基地のクルーも参加する。2005年に開設されたコンコルディア基地は、地球上で最も寒い場所のひとつにある。ロシアのボストーク基地よりも500km奥深く、ドームCと呼ばれる南極の氷床上に位置し、海抜は3,233mだ。

コンコルディア基地は、夏でも気温がマイナス25度を上回ることはまれで、2010年の冬には気温がマイナス84.6度にまで下がった。周囲に動物や植物の姿はなく、9カ月におよぶ冬の間は、何があっても撤退や補給はできない。

関連記事:南極で発見「1914年の探検隊の写真ネガ」復元に成功

欧州宇宙機関は、コンコルディア基地における孤立状態が、そこで働く人々に与えている影響に関心をもっている。この基地にはベス・ヒーリー博士が派遣され、スタッフに対して5つの実験を行うことになっている。実験では、こうした孤立された場所で生活するクルー13人の相互作用と対応をテストする。

さらに欧州宇宙機関は今回、英国南極観測局(BAS)とも提携し、英国が運営するハリー研究基地でも同様の実験を行う。英国基地の海抜は高くないことから、両基地で実験を行うことで、データに影響するかもしれない要因のリストから、高度の違いによる気圧の影響を除外することができる。

両基地では、志願者が動画日記で自分を記録するほか、社会的相互作用の記録が行われる。この実験では、感情と関係があると見られる、発話のイントネーションや文法における小さな変化や、会話の頻度に関するデータが得られることが期待されている。

最終的な目標は、宇宙飛行士の心理状態に関する手掛かりを得られるソフトウェアの開発だ。ESAのウェブサイトにはこう説明されている。「誰に尋ねても、『気分がいい』という回答がほとんどだ…しかし、複雑な宇宙遊泳や宇宙船のドッキングを計画する宇宙飛行管制官が、客観的なもうひとつのデータを得られたら、命が救われるかもしれない」

さらにウェブサイトでは、英国南極観測局の科学主任であるディヴィッド・ヴォーンが次のように述べている。「南極大陸における素晴らしい科学実験をあらゆる面で支えることを約束する。史上最大の冒険である火星への有人飛行につながるであろう新たな実験を実施することを、とてもうれしく思う」

※以下は過去記事、「最新式の南極基地:ギャラリー」より。
SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN 01 02

2/11ハリーVIは、スキーに載せて自由に動かせる、世界初の「動く南極基地」だ。

03

3/11韓国の張保皐(チャンボゴ)基地。

04

4/1160人もの科学者が同時に滞在できる。

05

5/11インドのバルティ(Bharti)基地。

06

6/11

07

7/11ベルギーの国際極地基金(IPF)が運営するプリンセス・エリザベート南極基地。

08

8/11南極で初めて「温室効果ガス排出ゼロ」を達成。

09

9/11エネルギーには太陽と風力のみを使っている。

10

10/11現在構想段階のアイスバーグ・リヴィング基地。

11

11/11最後は「環境に溶ける」のが売りだ。

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN 01

英国南極観測局(BAS)のハリーVI研究基地。

02

ハリーVIは、スキーに載せて自由に動かせる、世界初の「動く南極基地」だ。

03

韓国の張保皐(チャンボゴ)基地。

04

60人もの科学者が同時に滞在できる。

05

インドのバルティ(Bharti)基地。

06

07

ベルギーの国際極地基金(IPF)が運営するプリンセス・エリザベート南極基地。

08

南極で初めて「温室効果ガス排出ゼロ」を達成。

09

エネルギーには太陽と風力のみを使っている。

10

現在構想段階のアイスバーグ・リヴィング基地。

11

最後は「環境に溶ける」のが売りだ。

TAG

AntarcticESAExperimentSpaceSpace ExplorationWiredUK