横峯さくら、4度目の正直!?大会初制覇を狙う!(撮影:福田文平)

写真拡大

<ダイキンオーキッドレディス 事前情報◇4日◇琉球ゴルフ倶楽部(6,529ヤード ・パー72)>
 国内女子ツアーの開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」がいよいよ6日(金)から開催される。開幕を2日後に控えたこの日、今季から米ツアーを主戦場とする横峯さくらがコースに姿を見せた。横峯は午後2時から雨が降りしきる中、インコースをラウンドしコースの感触を確かめた。
スポンサー“+3”の香妻琴乃!大きな期待をモチベーションに変える!
 横峯は米ツアーで2試合に出場したがいずれも予選落ち。主戦場が米国に変わったことで気負いもあり、「自分に向き合っていなかった」のがその原因だと言う。「自分のプレーをした上で、足りない部分を補わないといけないのに、先に足りない部分を補おうとしてしまった」。アメリカではファイナルQTを11位で通過したが、出られない試合もあり「本当に日本と違うんだなって感じました」と日本では百戦錬磨の横峯も戸惑いがあり、それが本来の自分のプレーを妨げていた。
 メンタルトレーナーで夫の森川陽太郎氏からは以前からそれを指摘されていたそうでだが、「自分で気がつかないと、納得できない。頑固なところがあるんですかね」。今では夫の言っていたことを理解し修正に努めているという。
 この大会はこれまで2位が3回、一昨年はプレーオフで敗れ優勝を逃している。「優勝争いができていると言うことは相性のいいコースだとは思います。試合に出るからには優勝できるように頑張ります」と抱負を話した。この日の会見でも夫の存在が横峯の大きな支えになっているのが感じられた。今年は夫婦二人三脚で“4度目の正直”を狙いにいく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>