いよいよ連覇のかかるFIFA女子ワールドカップが6月に迫った。その前哨戦としてなでしこジャパンが挑もうとしているのが毎年3月に開催されるアルガルベカップ(ポルトガル)だ。今年も、FIFAランキング首位のドイツから、アメリカ、フランス、日本、スウェーデンと上位5チームをはじめ、ブラジル、ノルウェーなど豪華な面々が揃った。

 日本は、デンマーク、フランス、そして開催国のポルトガルと同じグループC。海外組も遅ればせながら、大会前に合流し、一気に強化を図る。

 初戦のデンマークは日本にとって分のいい相手。組織力もあり、個人の能力も高いデンマークは好敵手だ。現在のベストメンバーで臨み、コンビネーションを試しながら勢いをつけたい。

 第2戦は地元・ポルトガル。格下とあって、ここではできるだけ多くの控え選手を起用したいところ。とはいえ、なでしこジャパンのサッカーが展開できないほど入れ替えてしまっては、彼女たちの適応性を図れない。ターンオーバーととらえるか、主力に加わった際の馴染み方を見極めるか、指揮官の判断が注目される。

 そして最終戦が一番の難敵・フランスだ。最近の対戦で印象に残るのは2012年のロンドンオリンピック準決勝(○2−1)と、その直前に行なわれた親善試合(●0−2)の2試合。これは1勝1敗のイーブンとなっている。フランスはロンドンオリンピックでの敗戦を忘れてはいない。日本に対しては感ずるところもあるはずだ。しかも近年は、世界の頂点に立つために強化を重ねている。実質、FIFAランキングも日本を抜いて3位にまで上昇した。攻守において抜け目のないパワーと技術、戦術を兼ね備えた世界的にも珍しいほど均整のとれたチームといっていい。フランスとの最終戦は、おそらくグループCの首位争いを兼ねた戦いになる可能性が高い。グループリーグの中で最もエキサイティングな試合になることは間違いないだろう。

 本大会まで3カ月となり、選手たちもかつてない危機感と集中力を持ってこのアルガルベカップに臨む。大会前の国内合宿ではオフ明けにも関わらず、上々の仕上がりを見せた選手たちに指揮官は国内最終日にオフをプレゼント。現地入りの翌日には、二日目とは思えないほど、徹底的にゲーム形式のトレーニングを行ない、攻守における確認を行なった。

 それもそのはず。翌日には完全非公開でアメリカとのトレーニングマッチが組まれていたのである。スコアも内容もアメリカの意向で非公開。日本はノーゴールに終わったというが、選手たちに悲観している様子はない。むしろ手応えを掴んでいるようだ。守備の要である岩清水梓(日テレ・ベレーザ)はこう話す。

「まだまだツメていかないといけないところはあるけど、今の段階で自分たちのできることはやれたと思う。スピードとかパワーのあるチームと対戦するのは久々なんで、アルガルベカップが始まる前のタイミングでアメリカと試合できたのはよかった」

 アメリカとのトレーニングマッチは、前日に合流したばかりの大儀見優季(VfLヴォルフスブルク)が後半から出場したものの、ほぼ国内組で戦った。その結果の手応えであれば、昨年1年をかけて国内組を中心としたメンバーで国際大会を戦った経験値が生かされているのだろう。2014年は試練の年でもあったが、復活しつつあるようだ。

 昨年5月のアジアカップで人材不足の中、川村優理(ベガルタ仙台レディース)がCBに抜擢され、試行錯誤しながらも167cmと、日本では長身に入るフィジカルを駆使しながら、見事に務め上げた。これをきっかけに、現在はCBに初めてポジション争いが生じている。岩清水、川村に加えて、熊谷紗季(オリンピック・リヨン)の三つ巴の様相を呈しているのだ。

「当然のように(試合に)出られるとは思ってません。このアルガルベは選考だと思ってます。ワールドカップメンバーの選考であり、スタメンの選考でもある。そういう意味でも個人的には危機感もあるし、緊張感もあります」とは岩清水。

 北京オリンピックから最終ラインを率いてきた岩清水もここに来て、ポジション争いを経験。サイドバックを含め、最終ラインは常に戦力を試されている状況が続いており、いい競争が生まれている。

 攻撃においては大儀見、大野忍(INAC神戸レオネッサ)らFW陣と、宮間あや(湯郷ベル)を中心とした中盤とのコンビネーションがカギとなりそうだ。もちろん、これまでとキーパーソンは変わらないが、アルガルベカップではさらなるバリエーションを生み出したいところ。

「ワールドカップまでのあと3カ月でやれることを少しでも増やす!それしかない」と言い切るのは宮間。これまで率いてきた国内組と、個を磨いてきた海外組との能力を真に融合できるのは、攻守に絡み、国内組の状況と海外組の心理を理解できる宮間をおいて他にはいない。周りの選手を生かすことを身上にしている彼女にとっては、まだまだ茨の道が続きそうではあるが、強豪との対戦が期待できるこのアルガルベカップで何かしらの突破口を見出してくれることを期待せずにはいられない。

 また、ドイツの強豪フランクフルトで凌ぎを削る安藤梢もキレのある動きを見せており、「ベテランではなく、フレッシュなプレイを心掛けたい。個で勝負できる局面では、ゴリゴリ行く強気なプレイをやりたいと思っています」とエネルギーは満タン。ミニゲームでも厳しく球際を攻め、貪欲な姿勢を見せていた。

 他にも、2010年のU-17女子ワールドカップで日本を準優勝に導いた立役者のひとりである横山久美(長野パルセイロ)は、直前合宿からアルガルベカップに大抜擢された若手。なでしこイズムを体得するにはまだ時間を要するが、十分な可能性を秘めたストライカーであることは間違いない。

 さまざまな可能性を秘めた現なでしこジャパンの神髄を図るアルガルベカップは、4日に開幕を迎える。

【試合日程】※日本時間
デンマーク戦/3月4日(水)23時10分〜
ポルトガル戦/3月6日(金)21時10分〜
フランス戦/3月9日(月)23時10分〜
順位決定戦/3月11日(水)21時15分〜

早草紀子●取材・文 text by Hayakusa Noriko