今年9月の世界選手権での世界大会16連覇、そしてリオデジャネイロオリンピックでの五輪4連覇を目指す吉田沙保里(レスリング女子53キロ級/ALSOK所属)。32歳となった吉田が思い描く、新しいレスリング像とは――。

吉田沙保里インタビュー(後編)

―― 吉田選手といえば、ノーモーションからの世界最速タックルで相手を抱え上げて豪快にマットに叩きつけ、そのままフォール勝ち......というイメージですが、最近は少し変わってきましたか?

吉田沙保里(以下、吉田):確かに以前は、正面タックルを決めてフォール勝ちすることにこだわっていた時期もありました。スカッとして気持ちいいですからね。でも、今はロースコアでも、どんなに泥臭い戦いになろうとも、試合が終わったときに自分の手が上がっていればいい。一番大事なことは、表彰台の一番上に立つこと。

―― 勝負に徹していますね。

吉田:そう割り切れるようになれたのが、ロンドンオリンピックでの成長だと思います。リードしている場面で、むやみやたらとタックルに入らなくなったので、逆に返されて大量失点というリスクがなくなりました。大差でのテクニカルフォールは減りましたけど。

―― 昨年暮れの全日本選手権では、タックルではなくグラウンド技で決めるシーンも見られました。

吉田:あの決勝戦では、相手がタックルに来たところを抱え込んで体勢を崩し、マットにねじ伏せました。試合後のインタビューでも言いましたが、「がぶり返し」がマイブームなんです。

―― それは戦術の変更ですか?

吉田:吉田沙保里の最大の武器がタックルであることは変わりません。相手が私のタックルを恐れ、警戒しているからこそフェイントは効きますし、他の技も決まってくる。だから、タックルが基本ですが、組み技やグラウンドでの展開も勉強して練習していれば、レスリングの幅は広がります。そうなれば、もっと楽に勝てる試合も増えてくると思うんです。

 女子レスリングは次のリオデジャネイロオリンピックから、2階級増えて6階級になります。でも、私が今、戦っている53キロ級のすぐ上の55キロ級はオリンピック階級ではないので、オリンピック前の世界選手権では55キロ級の選手の半分ぐらいは階級を下げてくるでしょう。もしかしたら、1日で5試合、6試合戦わなければなりません。そうなったら、省エネ戦法も必要なんです。もう、おばちゃんですから(笑)。

―― 省エネ戦法なら、選手寿命も延びそう?

吉田:「結婚して金! ママでも金!」。やっちゃいますか(笑)?

―― やはり、レスリングはお父様の吉田栄勝さんが言われていたように、「タックルを制する者が世界を制する」なんですね。

吉田:父は現役時代、「返しの吉田」と呼ばれていたそうです。鉄壁のディフェンスと冷静なカウンター攻撃で全日本チャンピオンになりましたが、あと一歩のところでモントリオールオリンピック(1976年)の出場を逃してしまいました。そんな父が自宅でレスリング教室を開き、子どもたちに教えるようになると、レスリングというスポーツでタックルがいかに重要かを説いて、来る日も来る日もタックルを教え込んで反復させました。

―― そして、常に「攻めろ!」と。

吉田:はい。徹底的な「攻めのレスリング」です。たとえ勝った試合でも、攻めが足りなければ怒られましたし、逆に負けた試合でも攻めのレスリングができたら、「よしっ! よく攻めたな。次、がんばれ!」と褒めてくれて......。

―― それが、吉田選手の原点ですね。

吉田:去年のアジア競技大会の初戦で、中国選手に5ポイントもリードされながら逆転できたのは、「私には誰にも負けないタックルがある。タックルならいつでも入れる。タックルで必ず逆転できる。焦るな、落ちつけ!」と自分に言い聞かせることができたから。

―― 誰にも負けない武器を持っている選手は強いですね。

吉田:自分のペースで試合を展開できるだけでなく、精神的な強さにもつながると思います。リオまで負けることなく、無敗のまま行ければ一番いいでしょうが、北京やロンドンのときのように五輪前に負けることがあるかもしれない。それでも私は、父のもとでレスリングを始めたころの原点に戻り、突き進むことができると思います。北京前やロンドン前の経験を生かして。そして、敗戦から学び、自分の武器であるタックルを磨きます。その過程は、高級時計を分解・掃除するように丁寧にひとつずつ......。

―― すでに勝負師として悟られているようですね。

吉田:そんな立派なことではないですけど、「つまずいたとき、原点回帰できる人間は強い!」、「頼れる武器があれば、最後まで自分を信じられる」、「勝ち続けることで成長したのではなく、負けて強くなってきた」......ってこれ、今年1月に出版させていただいた私のエッセイ(『明日へのタックル!』集英社刊)に書いたことなんですけどね(笑)。

―― ロンドンでは念願の旗手を務められ、「オリンピックで旗手になると、成績が悪くなる」という負のジンクスを打ち払いました。次のリオではどうされますか。選手団の主将でしょうか?

吉田:いいですね。でも、私に「主将」というイメージありますか?(笑) 2大会連続で旗手をやった人はいないからそれもいいですけど、やらせてくれないかな。指名していただいたら、旗手でも、主将でも、団長兼選手でもやりますが、今は何も考えていません。オリンピック開会式の華やかな雰囲気は大好きですが、今回は競技に集中してジッとしているかも......。「お父さんに金メダルをかけてあげる」。それがリオデジャネイロオリンピックでの最大の目標ですから。


【profile】
吉田沙保里(よしだ・さおり)
1982年10月5日生まれ、三重県津市出身。綜合警備保障(ALSOK)所属。自宅でレスリング道場を開いていた父・栄勝(えいかつ)氏の指導のもと、3歳から競技を始める。2004年アテネ五輪、2008年北京五輪、2012年ロンドン五輪の女子55キロ級・金メダリスト。2012年の世界選手権を制し、男女通じて史上最多となる世界大会13連覇達成(現在は15連覇中)。この功績により、2012年11月に日本政府から国民栄誉賞を授与された。2015年、自身初の著書『明日へのタックル!』(集英社)が発売。

宮崎俊哉●構成 text by Miyazaki Toshiya