スマホ対応の折り畳み式「電動アシスト自転車」、フォードが発表

写真拡大

フォードが、スマホ対応の電動アシスト自転車をテスト中だ。デザインにはDahonが協力しており、折り畳み可能で車や電車と併用できる。動画で紹介。

「スマホ対応の折り畳み式「電動アシスト自転車」、フォードが発表」の写真・リンク付きの記事はこちら

自動車メーカーのフォードが、アプリに接続して最良の移動ルートを知ることができる電動アシスト自転車2車種を発表した。同社によると、自動車から自転車に乗り換えることで、移動時間を短縮できてストレスも減らせるという。

折りたたみ自転車メーカーのDahonと提携してデザインされた「MoDe:Me」と「MoDe:Pro」はいずれも試作品で、渋滞した都市での利用を想定している。両車種ともに折り畳み可能で、通勤電車に持ち込んで目的地まで使用したり、車の後部座席や小型トラックに積み込んだりできる。

関連記事:ハイスペックな折り畳み自転車はお好き? Dahonの折り畳み自転車「Mu Rohloff」

アウディやBMW、起亜自動車、メルセデス・ベンツ、プジョーといった自動車メーカーも、電動自転車を発売したり、コンセプトを発表したりしている(日本語版記事)。だが、フォードの最新の取り組みは、電動自転車とスマートフォン用アプリを組み合わせて、車や電車の利用も促している点に特色がある。

専用アプリ「MoDe:Link」は、ルートを考える際に、自転車が走行しやすい道路や危険な箇所を探し、駐輪料金や天気、近くの充電ステーションに関する情報を提供できる。

フォードの説明によれば、この自転車とアプリは、都市での最良の移動ルートを提供するのに役立つという。鉄道駅まで走らせて電車に電動自転車を持ち込み、電車を降りてから目的地まで電動自転車を利用することもできるからだ。

「MoDe:Pro」はビジネス向けで、渋滞する都市で配達などの業務を行うことを想定している。両方とも200ワットモーターを搭載し、時速25kmまでアシストする。

現在フォードの社員がテスト中で、一般発売されるかどうかはテストの結果によるという。

IMG_0162

「MoDe:Pro」はビジネス向け。

TAG

DahonDesignElectricBikesFordVideoWiredUK