なでしこW杯イヤー、きょう初陣…佐々木監督「W杯にいい形でつなげたい」

写真拡大

 日本女子代表(なでしこジャパン)は4日、ポルトガルで開催されるアルガルベ杯でデンマーク女子代表と対戦する。6月にW杯が開催される2015年の大事な初戦。JFAによると、佐々木則夫監督も「いいタイミングで、このような素晴らしい大会があるので、W杯にいい形でつなげたい」と、意欲を示した。

 アルガルベ杯グループリーグで日本はデンマーク、ポルトガル、フランスと対戦。順位決定戦を合わせた計4試合を戦う。同大会は今回で22回目を迎える歴史のある大会だが、日本は昨年も準優勝に終わるなど優勝がないだけに、初優勝で弾みを付けたいところだ。

 選手らも気合十分に話している。FW大野忍が「個人的には得点に絡むプレーをすることがテーマ。攻守にわたってしっかりアクションできるようにしたい」と話せば、DF熊谷紗希は、「ディフェンスとしていい位置に立ち、いい準備をして、チームとして狙いをもったサッカーがしたい」と力を込めた。

 なでしこW杯初陣のデンマーク戦は、日本時間4日23時10分キックオフ。きょうを含めた全4試合は、フジテレビ系にて全国生中継される。