本体のみ、レンズキット付きなど4つのラインアップから選べる

写真拡大

「PENTAX(ペンタックス)」ブランドでデジタルカメラを展開するリコーイメージング(東京都板橋区)は、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-S2」を、2015年3月6日に発売する。

バリアングル液晶モニター、スマホと連携できるWi-Fi機能を搭載

防塵・防滴仕様で世界最小サイズを実現したという。自由なアングルで撮影ができる、同社初の3型バリアングル液晶モニターを搭載。180度回転させてレンズ側に向けると、通常のシャッターボタンとは別の「自分撮りシャッター」ボタンが有効になる。

シリーズ初のWi-Fi機能を搭載。IEEE 802.11b/g/nの無線LAN通信に対応し、対応スマートフォンをかざすだけでペアリングできる近距離無線技術「NFC」機能を装備。専用アプリ「Image Sync」を使い、リモート撮影や画像の閲覧、写真をSNSへアップロードもできる。

価格はオープンで、店頭予想価格は、本体のみの「ボディキット」が10万円弱、薄型標準ズームレンズ付き「18-50REキット」が12万円弱、ズームレンズ2種類「ダブルズームキット」が13万円弱、標準ズームレンズ付き「18-135WRキット」が14万円弱の見込み。カラーはブラック、ホワイト、ブラック×オレンジの3色。