飾りたくなるデザインの無線ルーター「Eero」のスマートさ

写真拡大

無線LANは、電気や水と同じ重要なユーティリティなのに未だに接続トラブルは多い。Nestのデザイナーが手がけた机の上に飾りたくなるデザインの「Eero」は、その課題を解決する家庭用スマート無線ルーターだ。

「飾りたくなるデザインの無線ルーター「Eero」のスマートさ」の写真・リンク付きの記事はこちら

無線ルーターについて考えるのは、せいぜい問題が起きて困ったときくらいなものだ。しかし、ということは、思ったよりもぼくらは無線ルーターのことを気にしている。時間のかかるダウンロード、半分しか表示されないウェブページ、スカイプ中に固まる画像。

「こうしてみると、無線LANは重要なユーティリティです」とニック・ウィーヴァーは言う。「電気や水と同じで、あって当たり前、なければ困るのです」

ウィーヴァーは家庭内のインターネット環境の向上に取り組むEero社の創立者で、「Eero」という名の無線ルーターシステムを発売した。

まず目に付くのはEeroの外観だろう。すっきりとしたデザインをしているが、これは 「デヴァイスを見えるところに置いて、それだけで家庭内のWi-Fiネットワークの性能を格段に上げる」ためだそうだ。ルーターを見えないところに隠そうとすれば、干渉が増えてインターネットの速度を落としてしまうからだ。

Eeroのデザインのいちばんの売りは、その扱いやすさにある。このデヴァイスはクラウドにつながっていて自動的にアップデートされるため、セキュリティ・ホールも自動でパッチが当たる。Eeroは専用のアプリによって管理され、ボタンひとつであなたのネットワーク名とパスワードを使って接続してしまう。

関連記事:インターネットは消える運命にある──Google会長エリック・シュミット

接続速度を常時調べることができるし、インターネット接続の「健康診断」も行ってくれるので、不調の際も原因がすぐにわかる。

無線LANやBluetoothでつながっているデヴァイスをまとめてスマホで管理できるようになり、機器同士の複雑な関係を整理して使いこなすことができる。「そのためには、APIをうまく使ったある種のインフラストラクチャーが必要となります。その上で、多くのデヴァイスがネットワークにつながることになるのです」とウィーヴァーは言う。Eeroにそのインフラストラクチャー役を担わせようというのだ。

この会社は工業デザインの担当にフレッド・ボールドを選んだ。ボールドは、インターネットに接続されたこれからのリヴィングルームに置かれる数多くのデヴァイスのデザインを手掛けている。Nestにはサーモスタットや煙検知器のデザインで協力したし、ストリーミング・デヴァイス「Roku box」のデザインにも関わった。

関連記事:Nestがあなたの生活をよりよくする。トニー・ファデルCEOインタヴュー

Eeroには多くの曲線が使われていて、その中身は、ウィーヴァーの言葉を借りれば7本のアンテナのついた「小さなコンピューター」だ。横から見ると上の方が少し丸く盛り上がっているのが分かる。そのため、普通のルーターには見られない柔らかな感じのデヴァイスになっている。

Nestの製品やRokuも、直線と曲線からつくられているわけで、それこそが、ボールドの作品の多くに共通するデザイン上の特徴である。「直線の部分は、わたしたちの秩序や論理性、構造を尊ぶ気持ちを表しています。曲線のほうは、情緒やよい感触への想いを表しています」と彼は説明してくれた。「このふたつの間には、調和と緊張感とがあるのです」

これならアップルの飾り気のないAirPortより優しい感じがするし、多く出回っている宇宙船みたいな形のルーターよりははるかに素敵だ。「これまでみんな醜いものに慣らされていたのです」とボールドがルーターの市場を評して語る。「新しいデザインで、住いの環境にぴったり調和してわざとらしさのないものをつくり出し、わたしたちの生活環境に良い影響を与えたいと思っています」

Desk-top-down

ルーターのデザインに入れあげているようにも聞こえるが、家の中の物がますますインターネットにつながるようになれば、良いデザインのルーターも重要性を増すだろう。ボールドはすでにサーモスタットや煙検知器、ストリーミング用機器やホームセンサーをデザインしてきたのだ。「Eeroはこの課題において『つなぎ』の役割を果たすでしょう」と彼は予言する。

こうして、これまでの複雑で厄介な家庭内インターネットをすっきりと整理できるようになる。Eeroによってあなたのもつネットワーク機器を、ルーターや無線アクセスポイント、それに中継器まで、すべてひとつにまとめられるのだ。理屈上ではそれは、ひとたびEeroを箱から取り出してモデムに繋ぐことができれば、家の中どこでも50-100mbpsのインターネット接続が安定して得られることを意味する。

100平方メートルの広さにつき、Eero1台が適切だという。Eeroがたくさん並ぶとメッシュ型のルーター・ネットワークを形成する(Eero1台は$125、3台なら$299だ)。

Eeroの大きなメリットは、異なるタイプの機器の設定を行うのに時間がかからないことで、電源を切ってはリセットする繰り返しは必要ない。

Eeroの本当の実力が分かるのはこれからだが、わたしたちの家庭を 「スマートホーム」 に変えてくれる素敵なルーターには魅力がある。サーモスタットがつながって嬉しいのは、それでインターネットが落っこちない場合だけだ。

想像してほしい、インターネットがちゃんと動き続ける世界を。それだけで素晴らしいことではないか。

TAG

DesignNestSmart HomeWi-FiWIRED US