『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記〈スペースヒーローズ〉』 <br />©藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2015

写真拡大

日本国民、そして、世界の子どもたちが大好きなアニメのキャラクターの1つが「ドラえもん」。
特に、東アジア、東南アジアではアニメも放送され大人気なんですよね。
アジアだけではなく、アメリカやカナダでも、2013年から電子書籍が発売されています。

サザエさん、ラピュタ…名作アニメの知られざる「その後」の物語

さて、そんなドラえもんの最新映画が、2015年3月7日から公開されるドラえもん映画35周年『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記〈スペースヒーローズ〉』です。

今回は、この映画の公開に先立って、ドラえもんのトリビアをいくつかご紹介します。

■『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記〈スペースヒーローズ〉』って、どんなお話?

まず最初に、『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記〈スペースヒーローズ〉』はどんなお話か、あらすじをご紹介しましょう。

映画公式サイトによると、今回の物語は宇宙が舞台のようです。

「ヒーローは、キミの中にいる」
ある日、テレビのヒーローに憧れたのび太くんは、みんなでヒーロー映画を作ろうと言うので、ドラえもんは秘密道具の「バーガー監督」を出して、のび太くん、ドラえもん、ジャイアン、スネ夫くん、しずかちゃんが「宇宙防衛隊」となって、宇宙の平和を守るお話の撮影を開始。

ところがその時、地球に不時着したポックル星人のアロンに本物のヒーローと間違われて、宇宙に一緒に行くことに……。

実は、宇宙海賊がポックル星を狙っていることがわかり、このままだとポックル星が滅んでしまう!
「銀河防衛隊」は本物のヒーローになって、ポックル星を救えるのか?

今回の主題歌は、miwaさんの「360°」。
キャストはレギュラーメンバーに加え、爆笑問題の田中裕二さんが「ハイド」役、観月ありささんが「メーバ」役、市村正親さんが「イカーロス」役で参加しています。

■ドラえもんトリビア7選

それでは、早速、ドラえもんのトリビアをご紹介していきたいと思います!

・ドラえもんの体はなぜ青い?
当時連載されていたのが低学年対象の雑誌で、最初のページはカラー印刷から始まるケースが多く、扉のページには地色に黄色を使うことが多くて、タイトルは赤い文字が多かった。そこで使われた赤と黄色をのぞいたら、残りは青。それでドラえもんの色は「青」と決まった。藤子・F・不二雄さん、ご本人が語った内容です。

・ドラえもんの体は壊れているところが多い!?
「ド・ラ・カルト〜ドラえもん通の本〜」によると、ドラえもんの体は壊れているところが多いようです。「強力鼻」は、人間の鼻の20倍のにおいがかげるそうですが、「今は壊れている」のだそう。

また、レーダーひげは遠くのものを探る役割をしますが、こちらも「今ははたらかない」。ネコあつめすずも「今ちょっとちょうしがわるい」し、へんぺい足は、ネコみたいにそっと歩けるはずだが、「今、いたんでる」とのこと。かなり壊れていますね。いつか直る時が来るのでしょうか。

・のび太くんへのプロポーズはしずかちゃんから
のび太くんとしずかちゃんは大人になって結婚するのですが、プロポーズはしずかちゃんから。のび太くんのあまりの不甲斐なさに「そばについててあげないと、危なくて見てられないから。」という言葉でプロポーズ。何とも羨ましい、のび太くん。

そして、結婚を前に、しずかちゃんの背中を押してくれるお父さんの言葉は名言ですね。

「のび太くんを選んだきみの判断は正しかったと思うよ。あの青年は人の幸せを願い、人の不幸を悲しむことのできる人だ。それが一番人間にとって大事なことなんだからね。」

とても理解のあるお父さんですね!

・初登場の時のドラミちゃんは結構暴れん坊!
ドラミちゃんは家庭科専用ロボットだったようで、そのせいかポケットの中は「ぞうきんクリーナー」や「自動買い物かご」など家庭用品の道具が多い。そのせいか、機械には弱く、間違った道具を使用したり、どこでもドアが開かない時には、体当たりでぶつかったりと、現在のイメージの「優等生」というよりおてんばというイメージだったようです。

・幻のキャラクター「ガチャ子」
1970年、雑誌「小学2年生」に掲載された「ロボットのガチャ子」というお話がありました。未来から来たばかりのドラえもんは、失敗ばかりでのび太くんを困らせていたのだそう。そんなドラえもんをフォローするためにのび太くんの子孫のセワシくんが未来から送り込んだのがアヒル型ロボット「ガチャ子」だったのです。

ガチャ子は単行本には収録されておらず、雑誌に半年ほど登場しただけということなので、実際に「ガチャ子」のお話を読んだことがあるという人は少ないかもしれませんね。

・ドラえもんのお話にはアイドルがたくさん登場する
ドラえもんのお話の中には、女性アイドルがよく登場します。最初に登場したのは、1973年の「小学三年生」に掲載された「ぼく、マリちゃんだよ」の丸井マリ。その後、パーマンのパーマン3号、通称パー子の正体であるアイドルの星野スミレもドラえもんに登場します。

・声優の木村昴さんがジャイアンの声を始めたのは中学生だった!
前任のたてかべ和也さんに代わり、2005年4月からジャイアンの声を担当している木村昴さん。1990年6月生まれ。現在24歳です。10年前に始まったということは、当時、木村さんは14歳。14歳でジャイアンの声をやっていたとは! すごい存在感でしたね。

ちなみに、木村さんはドイツ人のお父さんと日本人のお母さんのハーフで、ドイツ生まれ、7歳までドイツで過ごしたので、ドイツ語が堪能なんだそうです。

いかがでしたでしょうか。
長く続き、みんなに愛されている「ドラえもん」ですので、すべて知っていたという方もいらっしゃるかもしれませんし、こんなのも知ってるよというトリビアもきっとあるに違いありません。秘密道具や名言、名シーンもみなさんそれぞれ心の中に刻んでいるのではないでしょうか。

のび太くんはダメな男の子という印象が強いですが、長編映画などでは優しさや強さを持っていることもわかります。

その他の登場人物も、友達を思ったり、勇気を持って行動することの素晴らしさを教えてくれたりと、大人になるまでに、そして大人になってからも「ドラえもん」に教わったことも多いかもしれません。

2015年3月7日から公開される新作『映画ドラえもん のび太の宇宙英雄記〈スペースヒーローズ〉』でも、きっと彼らの素晴らしい友情を感じることができるのではないでしょうか。

春休みは、是非、お子さんと一緒に映画館に足を運んでみてはいかがでしょう。

<参照>
「ド・ラ・カルト〜ドラえもん通の本〜」小学館ドラえもんルーム編(小学館文庫)
「ドラえもん学」 横山泰行著 (PHP新書)