ギガビットLAN対応、電源内蔵型ながら軽量設計

写真拡大

パソコン(PC)やスマートフォンなどの周辺機器を扱うエレコム(大阪市)は、ギガビットLAN対応スイッチングハブ「EHC-G08PN-J シリーズ」(8ポートタイプ)と「EHC-G05PN-J シリーズ」(5ポートタイプ)を、2015年3月上旬に発売。価格は、「EHC-G08PN-J シリーズ」が税別6400円前後、「EHC-G05PN-J シリーズ」が同5700円前後。

電源ユニット内蔵でACアダプター不要

プラスチック筐体を使用した軽量設計。高速データ転送の1000BASE-T対応で、ハイビジョン動画の視聴や大容量データの転送も快適にこなせる。

未接続のポート、リンクしていないポートを自動判別し、消費電力を調整できる「らくらく節電E機能」を搭載。従来型との比較で、8ポートモデルで最大80%、5ポートモデルで最大79%の節電が可能だという接続先がMDIかMDI-Xかを自動判別できる「Auto MDI/MDI-X機能」を全ポートに備える。

本体底面に壁掛け可能なホールと、スチール製デスクなどにワンタッチ装着できるマグネットを装備。電源ユニット内蔵で付属の電源コードで接続するため、ACアダプターは不要。カラーは両モデルともブラック、ホワイトの2色をラインアップ。