取り出しやすさ重視のショルダーバッグ

写真拡大

鞄工房山本(奈良県橿原市)は、神戸の人気カジュアルバッグメーカーと共同で開発した帆布のバッグ「オリジナル・ポケットミニショルダーバッグ」を山本のネットショッピングサイト「メンズバッグセレクトショップ」で、2015年3月1日から販売している。

荷物の出し入れや、中身の確認がしやすい

ポケット感覚で使えることを目指したバッグ。ポケット同様の取り出しやすさを追求し、ショルダータイプを採用した。

日本人になじみ深い白銀比(A4用紙など)に近づけることで、使いやすいサイズバランスとなった。フラップ部(開閉する部分)にファスナー付きのポケットを付け、パスケースやカギといった小物類が取り出しやすい。また、フラップの内側にも小袋型のポケットを付け、収納力が高まった。

「逆台形」構造を採用。底幅を広くすることで収納性を高めつつも、荷物の出し入れや、中身の確認がしやすい。

本体の生地は8号帆布。特殊酵素の洗いにかけることで、丈夫でコシがありつつも柔らかい手触りとなった。ベルトは植物タンニンでなめしたヌメ革。ほどよい硬さとしなり具合で、自然な風合いの変化を楽しめる。

価格は税込み9720円。