チリ南部の火山が噴火 周辺住民ら約3600人が避難

ざっくり言うと

  • チリ南部の火山、ビジャリカ山が3日未明に噴火し、溶岩を夜空に噴き上げた
  • これに伴い、周辺住民ら約3600人が避難を余儀なくされた
  • 同国で最も活発な火山のひとつとされ、大規模な噴火は15年ぶり

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング