26歳教諭の過労死を認定 「自宅で相当量の残業していた」と判断

ざっくり言うと

  • 2011年に26歳で亡くなった堺市の中学校の男性教諭が、過労死と認定された
  • 同僚などの証言から、死亡直前3か月間の残業時間が月61〜71時間と判明
  • 過労死認定基準を下回ったが、自宅での残業を示すノートなどから認められた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング