婦人科を受診(治療・検診)したことはありますか?

写真拡大 (全7枚)

 エムティーアイが運営する「ルナルナ」では、毎月サイト内で「みんなの声」と題してアンケート調査を行っており、今回は「婦人科について」の調査結果を発表している。

 婦人科を受診した経験があるか聞いたところ「過去に受診したことがある」(48.7%)と「現在、受診している」(22.6%)を合わせると、71.3%の女性が治療や検診、または相談など何らかの理由で婦人科を訪れた経験があることがわかった。また、28.7%が「受診したことはない」と回答した。

 婦人科を「受診したことはない」と回答した人に、その理由を聞いたところ、「必要性を感じない」(31.3%)が最も多く、次いで「時間がない」(19.4%)、「病気が見つかるのが怖い」(11.3%)という結果となった。また、「担当医が男性だと恥ずかしい」(6.6%)、「内診が恥ずかしい」(5.8%)という回答もあった。

 どのような婦人科系の悩みを抱えているのか聞いたところ、1位が「PMS(月経前のイライラ)」(42.6%)、2位が「月経の悩み・痛み」(40.7%)、3位が「頭痛」(28.2%)となり、生理に関する悩みを抱えている女性が多いようだ。ほかにも、「子宮の病気」(13.2%)、「妊娠」(13.2%)、「不妊」(11.4%)など、婦人科系の悩みがあがったが、28.2%が回答した「頭痛」や「更年期」(9.9%)、その他の回答にあった、「子育て不安」や「拒食症・過食症」、「骨粗しょう症」など、婦人科の診療範囲ではないような内容も、婦人科で相談できる。

 子宮頸がんについてどのようなことを知っているか聞いたところ、1位が「検診で発見できる」(73.1%)、2位が「子宮頸がん予防ワクチンがある」(67.7%)、3位が「1年に1回検診を受けたほうがいい」(62.5%)だった。子宮頸がん予防ワクチン接種が安全だと思っているか聞いたところ、「はい」が20.8%、「いいえ」が66.7%で、約7割の人が安全性について疑問を感じているという結果となった。