リオ五輪一次予選、海外組の久保と南野は条件付きで招集

写真拡大

 JFA(日本サッカー協会)は3日、国際親善試合のU−22ミャンマー代表戦とリオデジャネイロ・オリンピック一次予選を兼ねるAFC U−23選手権2016予選に臨む、U−22日本代表のメンバーを発表した。

 メンバーには、スイスのヤングボーイズに所属するFW久保裕也と、オーストリアのザルツブルクに所属するFW南野拓実も選出。手倉森誠監督も、「持っているものはここ(代表)にいて申し分のない選手たち」と期待を寄せる。

 AFC U−23選手権2016予選の行われる27日から31日は、インターナショナルマッチデーとなるが、オリンピック活動は代表拘束権の対象外。「Jクラブに関しては、人数制限なく招集選手を送り出してくれたことに感謝したい」と指揮官も語る。

 一方、海外組2選手に関しては条件付きでの招集となった。久保は、大会期間中はチームに帯同するが、出場は3試合中2試合まで。南野は29日に行われる2試合目のベトナム戦まで起用可能となる。

 手倉森監督は海外組の招集について、「協会の努力と海外クラブの理解に本当に感謝している」とコメント。「国内組に彼ら2人をしっかり組み合わせることで、世界への意識を全員に知らしめたい、広めたいという思いがある」と、理由を語った。

 U−22ミャンマー代表戦は、11日にフクダ電子アリーナで開催。AFC U−23選手権2016予選は、27日から31日に開催。日本はマレーシア、ベトナム、マカオとともにグループIに振りわけられている。グループIは全試合がマレーシアで行われ、日本は27日にマカオとの初戦に臨み、29日にベトナム、31日にマレーシアと戦う。

 43の国と地域が参加する予選は、各チームを10グループにわけ、リーグ戦を開催。各グループ1位と2位の成績上位5チーム、開催国のカタールを含めた16チームが、来年1月に行われるオリンピック最終予選でもあるAFC U−23選手権に進む。