モンゴルで、200年前に生まれた僧侶のミイラを発見

ざっくり言うと

  • モンゴルで、約200年前に生まれた仏教の僧侶と思われるミイラが発見された
  • ミイラは、サンジジャブと呼ばれる高僧の「即身仏」とみられる
  • 地元メディアによると、盗掘し売却しようとしていた男から押収したという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング