メルセデス・マイバッハ Sクラス

写真拡大

メルセデス・ベンツ日本は2015年2月25日、新ブランド「メルセデス・マイバッハ」の第1弾として「マイバッハ Sクラス」の注文受け付けを始めた。

ラインアップは、4.7リッターV8直噴ツインターボエンジンを搭載する「メルセデス・マイバッハ S 550」(2200万円)と、6.0リッターV12ツインターボエンジンを搭載する「メルセデス・マイバッハ S 600」(2600万円)の2モデル。

後席は"量産車として世界最高の静粛性"を達成

ダイムラー傘下で13年に生産終了した超高級車「マイバッハ」が、メルセデス・ベンツブランドの傘下として2年ぶりに復活。フラッグシップセダンの「Sクラス」をベースとしている。

Sクラスのフロントマスクや流麗なフォルムはそのままに、ホイールベースをロングモデルの3165ミリから3365ミリに延長し、これをすべて後席の快適性向上に充てることで、ゆったりと余裕ある空間を実現した。

リアシートは、左右ともにスイッチ操作で43.5度までリクライニングが可能な「エグゼクティブシート」を採用し、座面の下からせり上がるレッグレストを備える。このリアシートがフルリクライニング状態の場合、着席位置がサイドウインドウから遠ざかり、リアウインドウやCピラーの三角窓に近づいて音響特性が変化することを踏まえ、空力性能の向上による風切り音の低減、遮音材や特殊なシーリング技術を取り入れることで、後席は"量産車として世界最高の静粛性"を達成したという。