2月23日から25日までマレーシア・セパンサーキットで行なわれたMotoGPの二回目のプレシーズン公式テストは、1週間前に22歳になったばかりのマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が、レースペースとタイムアタックの双方で圧倒的に高い水準の走りを見せて締めくくった。

 マルケスは初日の走行で「ブレーキに違和感があった」と述べて、総合タイムで6番手にとどまった。しかし、翌日はこの違和感をあっさりと克服し、チームメイトのダニ・ペドロサや、ホルヘ・ロレンソとバレンティーノ・ロッシ(ともにモビスター・ヤマハ)という強力なライバルたちを軽々と上回る走りでトップタイムにつけた。

 公式テスト最終日の三日目は、朝から厳しい陽射しが照りつけるコンディションだったが、比較的路面温度の低い午前中のタイムアタックでは最上位の1分59秒115を記録。レースを想定して行なった20周のロングランでは、路面温度が60℃に達する午後の苛酷な条件下でも、15周連続で2分00秒台を維持する高水準の内容だった。

「ライディングスタイルをうまく合わせていきながら、バイクがどんなレベルなのかを他のサーキットで確認したい。今回のテストは、計6日間(※)のテストが終わった段階で全員の仕上がりが接近している。次のカタールテストも、今回の内容と似たような状況になると思う。皆の本当のレベルがわかるのは、開幕後にヨーロッパラウンドが始まる第4戦(スペインGP)あたりからじゃないかな」(マルケス)
※今回と前回のセパン合同テストを併せて6日間

 ルーキーらしからぬ驚異的な走りで注目を集めた2013年や、史上最年少王者の初々しさを残していた2014年のプレシーズンと比較すると、もはや余裕のようなものすら感じられるコメントだ。その一方で、「乗り方を積極的に変えていく」と言うマルケスは、さらに速く走るためなら自分のスタイルに拘泥(こうでい)しない貪欲さも併せ持っていることがわかる。

 それは、「マルクは、とにかく人の話をよく聞く」と言うHRC副社長・中本修平の言葉からもうかがえる。2013年にマルケスが史上最年少チャンピオンを獲得した際、中本は「彼から上がってきた要求に対して、『これはバイクの特性だから変えられないんだよ』と言うと『わかった、じゃあそれは自分でなんとかする』と言って進んで順応をしてくれる。それが彼の最大の強みだと思う」と述べていた。

 昨シーズン終了後、2015年の準備を進める中本に、マルケスのこのアプローチに変化があったのかどうか再度訊ねた際にも「チャンピオンを獲ったからといって驕ることはないし、取り組み方はまったく変わらない。今でも一所懸命勉強しているから、今後もまだまだ伸びていくと思う」と話している。

 HRCで中本の右腕としてマシンの開発を束ねる国分信一・開発室長は、「我々のバイクが、ライバルよりアドバンテージがあると思ったことは一度たりともありません」と言う一方で、マルケスの柔軟で吸収力の高いライディングについては、「彼を見ていると、世代が変わったんだなと思います」とも話す。

「コースサイドで走りを見ていて、(マルケスは)世代も変わって乗り方もずいぶん違うんだなと感じますね。いきなりグランプリにやってきて勝った、という1980年代のフレディ・スペンサー(※)と同じじゃないですか。ふたりとも、以前の世代と全部が違うんですよ。ブレーキング、コーナー進入、旋回、立ち上がり......。マルクについては、Moto2時代から突出して速かったので、乗り方が特殊だなあと思って注目していました。Moto2では、マルクに近いことをできる選手はいるんだけど、MotoGPになると真似できない。つまり、彼らよりも一歩上を行っていたのがマルクだったんだな、と思います」
※83年に21歳で最高峰を制し、85年には最高峰と250ccの2クラスを同時制覇したアメリカ人ライダー。

2010年代の現在にマルケスがMotoGPの歴史を次々と塗り替えているように、1990年代後半から2000年代前半にかけて各クラスを制し、最高峰クラスでは6度の王座に輝いて天才の名をほしいままにしてきたのが、バレンティーノ・ロッシだ。

ロッシは36歳の現在もマルケスのライバルとして戦い続け、若きチャンピオンに勝つためなら己のライディングスタイルを変更することも辞さない、という闘争心を維持し続けている。

 ロッシは、今回のセパンテストを終えて、「今年はホルヘとダニが去年よりも強そうだね。彼らと戦って勝つために、自分ももっと強くならないといけない。あとはマルクだけど、彼にはとにかく弱くなってほしいよ(笑)」とジョーク混じりながら、半ばお手上げといった様子でその圧倒的な強さを認めている。

「今回のテストも、タイムアタックとレースシミュレーションで彼がいちばん速かった。三連覇するかどうかを語るのは時期尚早だけど、もちろん、最有力ではあるだろうね」(ロッシ)

 HRCの中本は、マルケスの弱点として、気の緩みがミスを誘発する場合があることを指摘する。

「マルクは、フロントが切れこんでも横を向いてもほぼ100%、コントロールしてしまうけれども、集中力が欠けていると、つい反応が遅れて転倒する場合がある。余裕のない展開で必死に走っているときは、そうでもないんだけど......。彼の今の最大の課題は、おそらくそこでしょうね」

 ただ、この指摘が事実であるとすれば、ロッシとロレンソ、ペドロサが昨年以上に強力なライバルとしてマルケスに挑みかかる今年は、マルケスがさらに高い集中力でレースに臨むことになり、結果的に今まで以上の強さを発揮する、ということになるのかもしれない。

 2015年シーズンのMotoGPは、3月29日(日)決勝のカタールGPから幕を開ける。

西村章●取材・文 text by Nishimura Akira