盛りあげよう!東京パラリンピック2020(12)

■元車椅子バスケット日本代表・京谷和幸氏インタビュー Vol.3

車椅子バスケの現役時代は、シドニー、アテネ、北京、ロンドンと4度パラリンピックに出場してきた京谷和幸さん。2008年北京パラ後には一度引退を考えたことがあったという。しかし、「後輩たちにまだ伝えることがある」と考え直し、4年後の2012年のロンドンパラを目指すことに。前回に続き"日本代表"への思い、そして41歳で出場を果たしたロンドンパラについて振り返ってもらった。

伊藤:ロンドンパラに向けて日本代表に入りましたが、あのときはヘッドコーチが変わって、それまでとはバスケのスタイルも変わりましたよね。

京谷:パラリンピックは4大会に出ていますけど、(練習で)一番走ったんじゃないかな。今まで積み重ねてきた代表っていうものが、全部壊れてゼロに戻ったみたいな感じがあって、それでフェードアウトしていったやつもいました。確かに僕もそういう気持ちはありましたけど、それよりも僕にとって重要だったのは、日本代表に選ばれ続けることだったんです。本当の日本代表選手なら、誰が指導者になろうとも、どういう監督になろうとも、その監督にピックアップされなきゃいけないっていう。それが真の代表だと思うんです。

伊藤:監督が変わっても選ばれ続けることが大事なんですね。

京谷:スポーツ選手である以上、代表っていうのは最終目標であり、そこで世界と戦いたいって思うはずなんです。その思いがあったからこそ、北京パラが終わってからロンドンパラまでの4年間は踏ん張れたのかなと思います。

伊藤:普通考えたら30代後半って肉体的にもしんどい年齢ですよね。

京谷:確かに肉体的なものが一番しんどかったですね。肘に関節ねずみが今もまだいるんですよ。肩は、四十肩じゃないですけど、関節がもうダメですね。当時はヒアルロン酸を注入していました。首は2か所頸椎ヘルニアがあって、寝ているときも朝起きるときもしびれているんです。そんな状態でずっとやっていましたね。

伊藤:その北京パラが終わってから、ロンドンパラまでは今振り返るとどんな4年間でしたか?

京谷:あの4年間は一番頑張ったかな。でも、それを努力とは思っていません。代表に行くためには絶対やらなきゃいけないこと、それがつらくても苦しくてもやらなきゃそこには行けないっていうのが分かっていたので、やり続けただけです。

伊藤:京谷さんの車椅子バスケ人生は、ロンドンまでの4年間があったことでかなり意味深いものになったんですね。

京谷:そうなんですよ。続けることを決めたとき、最初に考えたのは、代表に入ること。それに、自分の最終的な車椅子バスケットはロンドンパラまでと決めていました。ロンドンの後は年齢的にも代表としてはやらないし、代表がないなら引退というのがあったので。最終的に代表を決める合宿のときには、ここで代表から漏れても、ここまで一緒にみんなとやってきて、自分が感じたことは、その後の人生でプラスになるだろうなというふうに思っていました。幸いなことに、ロンドンパラの代表に入ることができましたけど。

伊藤:代表の中での立ち位置というのは今までと違いましたか?

京谷:過去3大会とは全く違いましたね。それまでずっと主力で出ていて、それこそアテネ、北京なんかは、ほとんどフルで出ていたのが、ロンドンはプレイタイムがないか、3分とか5分とか、そんなような状況だったので。僕も人間ですから不満とか出てくるわけです。車椅子バスケットって持ち点(※)で組み合わせが決まりますから、(ロンドンパラ前の)アメリカ遠征で、30秒ぐらいでベンチに下げられた時に、もう我慢の限界が来て、ベンチでタオルぶん投げちゃったんです。そうしたら、みんなシーンとなっちゃって。その後、藤本怜央(宮城MAX)に「京谷さん辞めないよね」って言われて、チームメイトに心配かけるなんて、俺はなんて事をしてしまったたんだと思いました。その遠征から帰ってきて、たまたまテレビのチャンネルを回していたらジェフ千葉の試合がやっていたんです。千葉が2−0で勝ってる中、ロスタイムで当時千葉の選手だった(藤田)俊哉が出てきたんです。ロスタイムですよ。たぶんボール触れないんですよ。
※障がいの重さで持ち点が決まり、重い人ほど持ち点が少なくなる。出場する5人の点数を合わせて14点以内になるように調整する。

伊藤:ベテラン選手をなかなかそういう使い方しないですよね。

京谷:でも、俊哉は短い時間なのに必死でチームを鼓舞しているんです。で、試合が終わったら、サポーターのところに誰よりも先に行って、サポーターにあいさつしている。その姿を見て、「俊哉かっこいいな」と思って。「俺、何やってたんだろう」って、そこで改めて気づかされました。それで、その次の代表合宿があった時に、スタッフのところに行って「すいませんでした」って頭下げて謝ったんです。スタッフの方にも、「お前がああいうことすると、影響力がありすぎるから」って言われました。

伊藤:そのタイミングで藤田さんのそういう姿を見るっていうのも運命的ですね。

京谷:だから、僕はその時に決めたんです。日本代表っていうのはひとつのチームだし、その日本代表が勝つためには、プレイ以外で、チームを支えていくのが、ベテランの自分の役目だと思ったんです。やっぱり、ベンチで試合に出られないようなやつらは、腐っていくんですよ。そうすると、そこからチームワークってちょっとずつ綻(ほころ)びができてくるんです。僕はシドニー、アテネ、北京で見てきていたから、そうなりそうな選手たちに、「おまえら、いつチャンスが来るか分からないから高めていこうぜ」って声をかけていました。

伊藤:そういう役回りになって良かったというか、納得できた瞬間はあったんですか?

京谷:ロンドンパラの最後のイタリア戦でありましたね。シーソーゲームが続く中、チームのモチベーションがちょっと下がっていたので、鼓舞してやろうと思ったら、僕じゃない誰か......、たぶん(藤井)新悟か誰かだと思うんですけど、僕がいろんなことを伝えてきた人間が、僕よりも先にバッと出てきて、そのとき「あ、俺もう言わなくていいんだ」と思った瞬間がありました。

伊藤:京谷さんが言ってきたことを後輩たちがちゃんと理解してくれていたんですね。

京谷:そのときに「俺、こいつらに伝えることができたかな」って思えたんです。試合の最後、宮島(徹也)がフリースローを打つ時に僕が、「徹也!胸に日の丸付けてるんだぞ」ってベンチから言ったら、あいつ2本とも決めたんですよ。それで、「ああ、俺の役目は終わった」って思いました。この4年間で、試合に出ている選手、出ていない選手、両方の気持ちが分かったことで、指導者になったときにどちらの立場の選手に対しても、伝えられることがあると学びました。

伊藤:京谷さんの使命は"伝えていくこと"だと思いますね。

京谷:自分の経験してきたことっていうのは、いろんな人に伝えたいなって思うので、講演活動もやっているんだと思います。

伊藤:その講演活動でも"出会い"という言葉をよくお使いになりますが、こうしてお話を聞いていると、本当に人生の分岐点でちゃんと大切な人と出会っているように感じますね。

京谷:そうですね。それを感じられるようになって自分がやっぱり成長できてるのかなって。昔だったら素通りですよ。ほかの道があっても「サッカーの指導者やるし」とかね。

伊藤:素通りですか。

京谷:ほんとにそんな感じだったんです。もっと言うと、事故があって自分を見つめ直す時間があって、いろんな人たちに対して感謝の気持ちを持てるようになりました。だから、事故で確かにサッカーはできなくなりましたけど、自分を成長させてくれたものって何?って言われたら、事故って答えるかな。そこが原点になっていて、いろんな出会いがあって、そこからいろんな成長が出来たと思っています。
(おわり)

【プロフィール】
■京谷和幸(きょうや かずゆき)
1971年8月13日生まれ。北海道出身。
高校時代にはサッカーのユース代表に選ばれ、高校卒業後の91年にジェフユナイテッド市原・千葉とプロ契約を交わした。しかし、Jリーグ開幕年の93年に交通事故で脊髄を損傷し、車椅子生活へ。その翌年に車椅子バスケと出会い、所属した千葉ホークスでは日本選手権で3連覇を2度達成するなどチームの中心として活躍した。日本代表にも選出されて、2000年のシドニーパラから4大会に出場し、北京パラリンピックでは主将を務めた。2012年のロンドンパラ後、現役引退を発表。現在は、大学のサッカー部で外部コーチとして指導している。

■伊藤数子(いとう かずこ)
新潟県出身。NPO法人STANDの代表理事。
2020年に向けて始動した「東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会」では顧問を務めている。2003年、電動車椅子サッカーのインターネット中継を企画、実施。それをきっかけにして障がい者スポーツと深く関わるようになった。現在、障がい者 スポーツ競技大会のインターネット中継はもちろん、障がい者スポーツの楽しみ方や、魅力を伝えるウェブサイト「挑戦者たち」でも編集長として自らの考えや、選手たちの思いを発信している。また、スポーツイベントや体験会を行なうなど、精力的に活動の場を広げ、2012年には「ようこそ、障害者スポーツへ」(廣済堂出版)」を出版した。

文●スポルティーバ text by Sportiva