<ザ・ホンダ・クラシック 最終日◇1日◇PGAナショナル(7,158ヤード ・パー70)>
 フロリダ州にあるPGAナショナルで行われている米国男子ツアー「ザ・ホンダ・クラシック」。連日のサスペンデッドで“5日間”大会となることが確実となっている今大会。1日(日)の7時20分に第3ラウンドのプレーを再開した石川遼は、第3ラウンド終了後、組み替えをせずにそのまま最終日をプレー。10ホールを消化して1バーディ・4ボギーの苦しい展開となっている。
石川遼、今年初の予選突破も淡々「通るだけじゃ意味ないって思ってる」
 1番パー4をボギーとした石川は、4番パー4で花道から狙ったロングパットを見事沈め、バーディを奪うも、6番からまさかの3連続ボギー。10番を終えた時点で日没サスペンデッドとなった。
 試合後は長い一日の疲れからか「ショットが悪かったです。明日もがんばります」と言葉少な。3連続ボギーのあとの9番、10番ではティショットが良くなったというが、“時すでに遅し”だった。
 今年最初の決勝ラウンドが思わぬ日程となり疲労もあるなかで、どこまで伸ばしていけるか。真価が問われる残り8ホールと言えるだろう。
<ゴルフ情報ALBA.Net>