30代の女子は毎月どれくらい貯めてるの? 貯金額を大調査!

写真拡大

20代のころより少しはお給料が上がったけれど、みんなはどのくらい貯金出来ている? 働く30代女子に気になる現在の貯金額と貯めるための工夫などを聞いてみました。

Q.毎月の貯金額を教えてください。

2万円未満……16.4%
2万円以上〜4万円未満……24.5%
4万円以上〜6万円未満……28.1%
6万円以上〜8万円未満……6.5%
8万円以上〜10万円未満……7.4%
10万円以上……17.1%

過半数の方が、2〜6万円を毎月貯金しているよう。続いて、貯めるための工夫を聞いてみました。

■「5万円未満」

・「3万円。お釣りなどで500円玉をもらったら、専用の貯金箱にすぐに入れるようにしています」(31歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「2万円。節約、とにかく節約、そして我慢」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「2万円。給料が入ったら、すぐ定額を貯蓄口座に移します」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

小さい金額でも日々の節約をしっかり行うことがためるポイントですね!

■「5万円以上〜10万円未満」

・「6万円。ムダ使いをしないように、コンビニや自販機の前を通らないようにする。洋服を買うときも、本当に必要かどうか一度頭を冷やすためにすぐには購入せず、一度家に帰って考える」(32歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「6万円。無駄なものは極力買わない。安い店を探して買う」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「5万円。自動積み立て。その他、ボーナスは全額貯金」(33歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「5万円。年金財形をしているのと、給与口座を分けていて、下ろしにくい金融機関にためている」(34歳/機械・精密機器/技術職)

定期預金や財形で先取り貯蓄を利用して、簡単にはおろせないようにすれば貯まると言う意見も。

■「10万円以上」

・「10万円。実家暮らしなので、家賃分(10万円)は最低でも貯金できるように考えている」(39歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「10万円。財形をしたり、外食を減らすようにする」(32歳/情報・IT/技術職)

・「15万円。親がうるさいけど、実家で暮らしている」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

毎日の節約は基本中の基本! 実家暮らしはやはり貯めやすいようです。

お給料が入ったらすぐに先取り貯蓄をして、余った金額がやりくりしている人が多かったです。将来の為にも日々無理なく節約しながら確実に貯めていきたいですね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数107件(30歳〜39歳、30代の未婚の働く女性)